2017年06月21日

【地震】現在の傾向

むー、いつも何かが起こってから言うしかないのだが。

最近、また地震の情報を見るようになりました。

5月下旬くらいからです。

で、6月上旬に「あれ?」と思ったわけですよ。

それまで中国地方とか、日本海側で地震が起きていたのですが、

急に中央構造線付近で起きるようになりました。

そして四国、九州で立て続けに中央構造線付近で中規模の地震が起きました。

ここで言う中規模ってのはM5くらいで、震度も3〜5くらいのです。

このことから、やはり傾向ってのはあるなと思った次第。

いや、口でなかなか言えないんですが、全体傾向ってのがあると思います。

それが急に変わったり、起きる(逆に起きない)地域が現れたり。

で、どうも今後もこの付近と周辺部は注意深く観察と考察を続ける必要がありそうです。

中部以西で中央構造線か太平洋側か。

まだ、この先、大地震がどうとか確信をもってこうだと言える材料まではないのですが。

兆候とか変わってくる可能性もありますが。

まあ、もし近いうちなら中央構造線付近か太平洋側が怪しいかなと思っております。
posted by しゅうにゃん at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

どうも変な地震の起き方だ

どうもしゅうにゃんです。最近、ブログの更新が滞っていてすいません。

4月からはさらに仕事とかでさらに減るかも…です。

でも、ライフワークの一つの地震予知・減災は続けたいです。

で、今日はですね、朝方、北海道南西沖でM5級の地震が起きました。

問題はその場所でして、数十キロくらい北海道から離れているんですよ。

気になって、ここ最近の地震を見直しているうちに、幾つかのことに気づきました。

直接的に大地震か?てとこまではいかないですが、なんか奇妙でして。

まず、昨日から今日は同じような場所で複数回起きています。

場所は岡山北部と茨城。

1か所で複数回の地震が起きるとかは割とあるんですが、2か所…。

しかも岡山北部って鳥取との県境に近いんですよね。

どうも最近の傷跡の近くで痛む、みたいな感じで不思議です。

もう一つ、気付いたのは、30日地震震央図で見ると、中部とか近畿、長野、新潟あたりで地震が減っているんじゃないかと。

御嶽山周辺あたりで起きるのはいつもなんですが、それ以外が減。

tenki.jpの地震情報を見てそう思ったんで、微小地震はそうでもないかもしれないんですが。

まとめると、

・ 北海道南西沖の地震が中規模でいつもより震源が陸地から離れている。
・ 同じ地域で同じ日に有感地震が繰り返すのが岡山北部と茨城の2か所で起きている。
・ 中部、新潟、近畿あたりで有感地震が減っているのではないか?

以上の3点に気づいて、傾向の変化が読み取れます。

これ自体から読み取れるいろいろな可能性がありすぎて、絞れないんです。

すぐ大地震とかそうでないのか、まだわからないんですが、

なんだこれ??感が多少あります。

パターンとして変だ感というのは、私の地震予知の一角を占めますので。

ちょっと気になったので、メモ的に残しておきます。

本当にまだいろいろ可能性があるんで、何も起きないのか、地震の前触れなのか、ってのは全然まだわからないのですが。

もう少し、いろいろ見てみたいと思います。


posted by しゅうにゃん at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする