2019年05月15日

地震の話でもジュースの話でもなくて恐縮です。

いや、なんかね。世界経済って大丈夫か?という話なんです。

世界の負債総額が5京円(訂正・2京円くらい)を超えたとか…。
なんかもう数字が大きすぎて想像すらできません。

それを受けてなんですが、ここまで負債が膨らむと、
突然、どこかで返せなくなった負債が
経済システムの目詰まり起こすんじゃないかと心配になります。

いくつか考えていますが、ここでは具体的には
よく書かないです。

リーマンショックの時も、大事になるとは
初めは誰もが考えていなかったのですよね…。

少しバブル気味になっている世界経済が、
徐々に減速傾向で、成長率の引き下げや
オーストラリアでは鈍化がかなりの程度らしい。

ブラックスワンとか、灰色のサイとか、
言われます。が、どうもそれだけかなって
心配になります。

まだ少し余熱は高いとは思いますが。
結構気になっております。

※加筆

なんでそう思うかなんですが、
まず、日本とオーストラリアで景気が悪化しているのでは?
というニュースがあるからなんです。

で、ヨーロッパとかでも成長率鈍化は始まっていて、
中国も本当に良いのであれば、日豪で悪化しないのではないかと
そう思うわけです。

そして、土地の値段とか家賃とかは
アメリカとかかなり値上がりしているし、
いったん負債が膨らむのが、縮小に転じたときに
どういうことが起きるかは、過去の経験から見ているわけです。

5京円というのもどこかでは見たのですが…
検索すると2京ででますね…。

posted by しゅうにゃん at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次の大きな地震がどこで起きるかは難問だあ…!!

パプアニューギニア沖でまた起きたんですね。M7.7。
こっちの方は驚かないです。

どうしてかというと、ニューギニア沖から
ニュージーランド沖にかけて、
(バヌアツとかソロモンとかね)
ここ最近は、世界地図にM7以上の地震を
プロットすると、あの辺りは真っ赤になる。
震源の巣窟なんです。
まあ、予知はできなかったけどね。
ただ、あそこで起きるのは、そうだよね、と
納得できるものがあります。

それを受けて、次にどこで起きるかが
難問なんです。

パターンが読めない!

昨年末までのパターンであれば、
台湾から沖縄、本州沖も予測したんだろうな…。

太平洋のどこかでっていうのは
あてずっぽうすぎて予知にはならないですよ。

ただ、ニューギニア沖のを受けて、
宮崎沖とか、鹿児島沖、高知沖などの
発生予想は引き下げないかなと思いました。

今は、むしろ沖縄〜台湾沖とかの方が危ないのかね?

うーむ。

※ 以下加筆(2019/5/15 19:49頃)

えーと、ニューギニア沖での地震を受けると、
昨年までのパターンなら、日本で起きても不思議じゃないです。
沖縄に気を取られていたけど、
結構、日本は広範に可能性自体はありますね。
中部・近畿なども含めて、
なんか最近の地震の起き方は少し変かなと感じております。

posted by しゅうにゃん at 19:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする