2016年09月29日

【地震予知】まだ何とも言えないが、しかし…

最近、地震の状況をみていなかったので、あまり詳しくはわからないのですが。

また少しずつ地震の震源図などを見始めています。

気付いたのは、日本海側にかけて地震が直線状に一定の間隔で並んでいること。

そして、関東や東北太平洋側の比率が減って、内陸や日本海側での有感地震が増えていること。

30日、100日間の地震震央図では東北太平洋と関東が優勢なのに、7日間を見続けているとそうではない。

傾向が徐々にシフトしている途中な感じですね。

ただし、まだ確実にどこかで大地震が起きるとまでは決定できない。

起きなければいいんですけどね。


中〜やや強い地震でも起きる可能性は否定できないです。

起きるか起きないか、といわれると、普段より可能性は高いが、必ずしも絶対起きるとは言えない微妙なパターン。

この図からは場所を絞れないのですが、今までより広範な場所での地震活動が見て取れます。

日本海側の可能性がでてきた気もしますが、じゃあ太平洋側は起きないかというとそうでもない。

というか、ほんと、ここ数日見ても場所が絞れないです。お役にたてなくて面目ない。

ただ、起きるとすればこれから数日〜1週間程度にピークがあるんじゃないかと、そのあとも1か月は注意かなと。

どうも世界的に見ても、今の傾向は夏の初めまでと全く異なっている。

もう少し注意深く観察し、考えてみますね。


ラベル:地震予知
posted by しゅうにゃん at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

【地震予知】地震の仮説と予知

こんにちは。また少し、性懲りもなく地震予知の話です。はい。

私もどういう風に地震っておきているか考えながら予知をしています。

まだ、確定的なものではないのですが、今まで予知してきてつかみつつある仮説を書きます。

地震が起きるのは、まず、地面の中で圧縮伸長の力が働いているところに、どうも潮汐の力が働いてバランスを崩しているんだろうなとみています。

というのも、東大でしたっけ?最近の発表で満月新月には大きな地震が多いって言ったの。

あれは私もそう思っていたんです。

東日本大震災の時も本震から28日だったか30日だったかその辺でかなり大きな余震が起きました。

見ていると、月の周期と微妙にずれるんですが、近い周期で地震は起きますね。

28日から30日前後っていうのがどうも、起きやすいらしい。

そして、歪を開放する際に、面白い兆候があるんですよ。

和歌山県の西の方でよく小さな地震が頻発するんですが、その様子。

小さい地震が東西に並んだ時は東西方向の断層が解放されやすい。

南北にはあまりならばないけど、北東−南西軸に並んでいるときは、その向きの断層が解放されやすい。

まあ、100%じゃないとは思いますが、おそらく地球にそういう向きに解放されやすい何か力が働いているんじゃないかと疑っています。

歪のたまり方と解放されやすい傾向を、震源マップと直近の地震リストとか見れば掴めるんじゃないかと思っています。

おそらく潮汐的に起きやすい時期はあるのだと考えています。

それがなぜなのかは物理的にはあまりわからないのですが…。



ラベル:地震予知
posted by しゅうにゃん at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする