2017年01月24日

【寒い】厳冬期の旭川

どうも、しゅうにゃんです。

今日は非常に寒い日になっています。

旭川の朝の最低気温が-22.5℃。

なんですが、実はこれ、街中にある気象台の気温なんです。

旭川にはほかに江丹別にアメダスの観測地点があります。

今日、ここが-30.2℃を記録しています。

私の家は、位置は旭川観測点に近いのですが、郊外なので気温は旭川と江丹別の中間くらいだと言われています。

たぶん-25℃くらいだったのではないかと。

このくらい寒いと、ストーブを強くガンガン焚いて、ようやく暖をとれるくらいです。

さっき9時ころにゴミ出しに外に出たら、鼻毛が凍ったり。

そして、書いてる今の気温が-12℃くらいです。

これがおそらく今日の旭川の最高気温です。

上川地方は軒並み-20、-30度くらいで、最低気温は占冠で-32.8℃、朱鞠内で-32.1℃、下川で-30.7℃だそうです。

東京とかだと、寒い日と雪の日は同じような印象があると思います。

でも、北海道だと寒い日と大雪の日は同時には来ないです。

少なくとも-30℃と大雪が同時に来ることはないです。

地域的には寒さと大雪の両方がある厳しい地域もありますけどね。

今日くらい寒いと、JRの列車が、寒さで動かないとか、ドアが開かないとかそういう理由で運休になったりします。

他に雪が堆積したり凍ったりでできた氷…、これが硬くなるんです。

大きなハンマーで叩いても岩のように硬い。

雪は中に隙間があるので、そこまで硬くない。

私が中学校に通っていた時には、寒さ厳しい日に、道の横にカラスが死んでいて、さらに霜で腹が白くなっていました。

これくらい寒い日は毎日ではないですが。

ま、考えようによっては農薬が少なくて済むので寒さや雪は恵みなのかもしれません。

そして、季節は1月下旬。

少しずつお日様は強くなっています。

気温は1月下旬と2月が最低だけど、昼の長さはだんだんと長くなりつつあります。

やがて春が来るのです。
ラベル:旭川
posted by しゅうにゃん at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

地震の傾向から見て(2017年1月の)

気になっていることがあって、これを書かないと何かひっかかっていて筆が進まない。

去年、どんぴしゃには当たらなかったけど、傾向はとらえていた。

そして、今思っていること。

日本での地震の傾向が変わってきていて、あちこちで起きても不思議ではない状況。

その中で、敢えて言うと関東がやや危なくなってきているんじゃないかと。

時期が分からなくって、まだなんとなく、という感じなのですが。

短中期的に関東なんじゃないかと思います。

もし、中部や近畿で先に何か起きたとしても、変わらないかもしれないし。

去年の秋に、関東南部と言っていて、それもあるのだが、もっと北とか東もあるかもしれない。

一つには、去年の福島沖から茨城という流れのパターンです。

もう一つ、GPSでの地殻変動が大きいのも気になる。(こちらはまだ、参考程度ではありますが)

まだ確定的に、ずばりあてに行くことができず、日本であればどこでも確率高めなのではありますが。

敢えて言うなら関東で、ついで中部、近畿…。というときりがなくなりますね。

とにかく一番起きやすいだろうと見ているのが関東全域とその周辺。

M6程度とか小さければいいんですけどね。

時期的には実は今月なのか2年後なのか、まだわからない状況。

少し気になっていたので書いておきます。


ラベル:地震予知
posted by しゅうにゃん at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする