2016年02月12日

【重力波】ついに重力波が検出されたというニュース

天文学や物理学上の大発見の報せは数年に1度くらい突然やってきます。

重力波検出ですか。生きているうちに聞けるかどうか、と諦めていたんですよ。

なので、ニュース読んで「へえー、やっぱり重力波ってあったんだ!」と驚きました。

重力波は空間の伸び縮みで検出するそうですが、その精度が厳しいらしいですからね。

まだ、今回の出来事を速報で聞いたなかで、という限界付ではありますが、間違いでなければ、今回発見できたのは理由があると思うのです。

一つは、技術の進歩で、検出できる精度が上がってきたというのが一つ。

もう一つは、ラッキーなイベントとしてブラックホールの合体が起きたというのが一つ。

ちょうどSN1987Aという超新星爆発をカミオカンデでニュートリノを検出したみたいなラッキー具合なのかもしれません。

 観測可能な銀河や出来事というのは、星の数は莫大ですので、案外多めで、実は意外と毎年あったりするのか、少ないのかどうかもわかりませんが。

天文学は今でも、進歩があって、X線、電波、ニュートリノの観測が進んできて、そして重力波ですもんね。

TMT(ハワイの30m級の望遠鏡)の予定もありますし、今後もいろいろと技術の向上が新たな発見に結びついていくのでしょう。

今年は新たな9番惑星の可能性も示唆されていますし。

人類にはまだ未知の分野があって、新たなフロンティアがあったのだな、としみじみ思います。
タグ:科学
posted by しゅうにゃん at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433732681

この記事へのトラックバック