2016年07月30日

【地震?】地震が少ないからと言っても前兆とは限らない

ここ最近、気になっているのは、四国付近の地震の少なさ。

あれ?こんなに少なかったっけ?って感じです。俺の気のせい?

tenki.jpの有感地震の震源マップではほとんど何も出ない。期間も長いのではないだろうか?

Hi-netでの微小地震も西部沖と四国の東の方は少ないながらもあるけど。

でもね、中国・四国地方は、以前から少なかったような気もする。

以前に、群発地震が止んで新潟中越沖が起きたといったけど、今回はどうかまだわからない。

新潟の時は頻発する群発地震がぴたりと急に止んだんだが。

大きめの地震が起きるとか起きないとか言えないんだが、普段から地震がほどほどか少ない場所だと、少ない時期もたまにないわけでもない。

新潟を見ている場合は、比較的北海道にも関係ありそうなので、傾向の把握も少しできたんだが、四国は遠い。

四国で地震が少ないと言うのが何を示すかまだわかっていない。いや、なんなんだろ?

ただ、少し注意してみている、という感じです。地震予知と言うより、地震起きないでいいから、こういう事例の積み重ねをフィードバックして精度を高めたい。

なんか奥歯に何か挟まった感じの物言いで申し訳ない。



ラベル:地震
posted by しゅうにゃん at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック