2016年09月20日

【天文】我々はまだ太陽系のことすら完全には知らない

私は科学の話好きです。天文の話も好きですな。

ドリンク・グルメ・地震のブログですが、個人ブログなんでたまにこういう話もお許しあれ。



ここ2週間くらい、ネットで外側の小惑星のこと、つまり海王星より遠い小惑星のことを調べました。

で、気付いたこと先に言うと、まだ大きな惑星や大きな小惑星を発見できていない可能性がある!ということです。

2016年1月に発表された話では、まだ第9惑星が発見される可能性があって、これは海王星サイズだと言われています。(これはニュースで知っていた)

実は第9惑星の話は以前から他にもあって、想定される大きさが火星サイズだったり、地球サイズだったり、いろんな仮説があります。

ブラウン氏の発表した説については、すばる望遠鏡で捜索するという話も進んでいるようです。



そして、まだ小惑星も発見され続けている。

V774104という小惑星のことなんですが、2015年に発見され、大きさが500-1000kmと見られています。

発見時で太陽から見て、太陽と地球の100倍 以上の距離があると推定されています。

この事実は何を意味するかというと、2015年時点でまだ発見されていない500km以上の大きな小惑星を見つけたということです。

この小惑星に近いタイプはセドナだとみられています。

セドナの軌道は長い楕円軌道で、遠くに行くと地球と太陽の1000倍くらい太陽から遠ざかります。

だから、 近いところで発見されているのは、偶然じゃなくて、似た仲間がかなり多くあるんだけど、遠すぎて望遠鏡でも見えないのではないか?という可能性も大きいのです。

地球の1000倍遠いと、太陽の明るさは100万分の1になります。

それがさらに地球に届くのに100万分の1で、太陽から見て地球の、ほぼ1兆分の1の明るさで、さらに光る面積が地球より小さいです。

おそらく地球から見ても、仮想の小惑星は30等級くらいの明るさしかなく、望遠鏡の識別能を下回って、発見できていないのではないか?

実際はこの中間の太陽地球の数百倍のところに、それなりの小惑星はうようよしているかもしれません。

wikipediaで見ても、火星と木星の間の小惑星帯の100倍は質量がありそうだということですし。

私は勝手に「外小惑星帯」と名付けています。EKBOとか、その外の軌道にまだ惑星、小惑星がありそうです。

数があるのだから、日本人とかのアジア人が発見できるかもしれないチャンスもあるし、名前もいろんな名前つけられそうです。(それはアジアとは限らないが)

だんだん妄想モードに入っていますが…、要するに、科学的な妄想のネタを見つけてしまって、私はウフフな状態のわけですよ。

どういう妄想かというと1000kmサイズのEKBOを何個集めたら、大きな惑星になるか?とか。

(いや、おそらく小さいほど資源として利用価値はあると思うんですが)

かつて読んだ漫画の中に、頭の中で月を壊したり集めたりして遊ぶ変な人がいました。妄想でやっていることはそれに近い。

まあ、小惑星帯といいつつ、かなり広い範囲の軌道ではあります。



話が変な方向にそれました。

タイトルに戻ると、我々はまだ海王星軌道の外側に、何個くらい大きな小惑星があるか?とか、まだ惑星サイズの天体があるのか?

ということすら知らないのです。

逆に、それは、これからの発見がまだ続くかもしれないという期待に結びつくんじゃないかと思います。

というか、結びつけばいいなあ…。

まず、大きな小惑星の方はほぼ確実にあるでしょうし。

大きなサイズの大惑星の方も、これだけいろんな学者先生が想定しているから、あるかもしれないですな。


ラベル:科学
posted by しゅうにゃん at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック