2016年11月30日

【カップ麺】日清カップヌードル香辣海鮮味ビッグを食べてみました

地震について、少し振り返りましたので、また別の話題。



カップヌードルって外国でも売られているらしいですね。

食べてみたいカップヌードルの選挙で1位になったのが香港で売られている香辣海鮮味。

海鮮のカップヌードルにキムチ風味の辛みを加えた商品だそうです。

確かにネーム読んだだけでうまみ成分が感じられて美味しいんじゃないのかと想像します。

私の好きなトムヤムクン味は万人向けではなく人を選ぶからなあ。


それが私の住んでいる北北海道のコンビニでも売られていたので、買ってみました。

honkong-cup-men.jpg

これ、コンビニにあると少し目立ちます。

価格は確か205円だったかな。

お湯を注いで3分間待ちました。

honkong-cup-men2.jpg

黄色いのは、卵とコーンです。

分かりにくいけど、タコも入っています。

さてお味の方は?


食べてみました。

まず、辛さですが、トムヤムクンとか韓国の唐辛子たくさん入っている程ではないです。

でも、そこそこ辛い。

むしろ特筆すべきは、辛さと海鮮のうまみが両立していることです。

どうしても海鮮スープは味が濁ります。

そこを敢えて、薄めにすることによって、辛さと海鮮のお互いを引き立てている。

ごちゃまぜではなく、辛さとうまみの両方を活かしている。

「なるほどなー」と感心しました。


この香辣海鮮味のカップヌードルもなかなか、計算されているように思います。

料理もうまみさえ多ければいいと言うものではないんですね。

奥が深い…。

ラベル:商品
posted by しゅうにゃん at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 味の新製品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック