2016年12月09日

【地震予知】日本付近か?

少し急いで書いています。あとで加筆修正すると思います。

12月内から1月にかけて、日本化日本周辺でM6〜M8台の地震が来る可能性が高いかも。

パターンによる予知です。

以下、加筆。(2016年12月9日9時30分過ぎ)

インドネシアで12月7日朝M6.5、南太平洋ソロモン諸島で12月9日未明M7.8の大きな地震がありました。

今年の傾向として、一辺が数千キロの地球表面規模での正三角形のパターンで大きな地震があることが多い、というのを1月頃からみていたのです。

これらの地震とのパターンの対応で日本付近も対象になってきます。

ところが、急いで書いて、失念していましたが、日本では既に福島でM7クラスの地震が起きています。

この地震との対応であれば、福島で起きた後に、インドネシアとソロモンで地震が起きたとも見えなくもありません。

その一方で、依然としてまだ日本付近で大きな地震が起きる可能性も残っています。

可能性としては、やや低くなりましたが、日本か周辺付近での大きめの地震の可能性もまだあります。

そしてインド・ミャンマー北部、中国西部か南西部でも可能性はややあります。

(ここから2016/12/21追記)

2016年は4月の熊本地震あたりから日本付近での地震の様相が変わってきたように見えます。

さらに、何度か南太平洋での大きな地震を予測しましたが、かなりの数の大きな地震が起きています。

インドネシア〜ミャンマー付近でも発生して、それと南太平洋の地震のパターンでみると日本付近が想定されました。

実際には南太平洋で起きる地震の数がかなり多く、日本ですべてに対応する地震が起きるわけでもありません。

ただ、日本付近でやや大きな地震が増え始めたのは気がかりです。

パターンの対応から見ると、日本付近でこれからも地震が起きるのではないかとみています。

今後は別記事で地震予知の日記の方にアップしますね。
ラベル:地震予知 地震
posted by しゅうにゃん at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック