2017年02月24日

通販の荷物をまとめて買っています

昨年はネット通販で物をたくさん買いました。

多いときは数日ごとに荷物が届きます。

おもにamazonのマーケットプレイスでの本とかCDで、あとはサプリメントとかです。

とにかく安いので利用していましたが、さすがに配送業者に悪いと思い始めました。

なので、今年から始めたのが、同じ通販業者によるまとめ買い。

同じもの、ということもありますが、多くは別物。

サプリとサプリとCDケースとか。

あるいはCDをまとめ買いして、その他に機能性食品を買うとか。

少し買うのを待ってから、数個口を1個にまとめて配送してもらう。

なので、買物の回数の割に配送の回数自体はかなり減っています。

いや、そろそろそういうこと消費者レベルで考えないと、日本国内の配送状況がまずいことになりそうな気がしたので。

amazonとかでは、荷物をまとめる作業が増えるので、よいのか悪いのか知らない。

宅配業者や郵便の負担を減らしたいのです。

こんなの個人でやったからと言って、そう負担は減らないだろうが、あえてやっています。
タグ:買い物
posted by しゅうにゃん at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

【寒い】厳冬期の旭川

どうも、しゅうにゃんです。

今日は非常に寒い日になっています。

旭川の朝の最低気温が-22.5℃。

なんですが、実はこれ、街中にある気象台の気温なんです。

旭川にはほかに江丹別にアメダスの観測地点があります。

今日、ここが-30.2℃を記録しています。

私の家は、位置は旭川観測点に近いのですが、郊外なので気温は旭川と江丹別の中間くらいだと言われています。

たぶん-25℃くらいだったのではないかと。

このくらい寒いと、ストーブを強くガンガン焚いて、ようやく暖をとれるくらいです。

さっき9時ころにゴミ出しに外に出たら、鼻毛が凍ったり。

そして、書いてる今の気温が-12℃くらいです。

これがおそらく今日の旭川の最高気温です。

上川地方は軒並み-20、-30度くらいで、最低気温は占冠で-32.8℃、朱鞠内で-32.1℃、下川で-30.7℃だそうです。

東京とかだと、寒い日と雪の日は同じような印象があると思います。

でも、北海道だと寒い日と大雪の日は同時には来ないです。

少なくとも-30℃と大雪が同時に来ることはないです。

地域的には寒さと大雪の両方がある厳しい地域もありますけどね。

今日くらい寒いと、JRの列車が、寒さで動かないとか、ドアが開かないとかそういう理由で運休になったりします。

他に雪が堆積したり凍ったりでできた氷…、これが硬くなるんです。

大きなハンマーで叩いても岩のように硬い。

雪は中に隙間があるので、そこまで硬くない。

私が中学校に通っていた時には、寒さ厳しい日に、道の横にカラスが死んでいて、さらに霜で腹が白くなっていました。

これくらい寒い日は毎日ではないですが。

ま、考えようによっては農薬が少なくて済むので寒さや雪は恵みなのかもしれません。

そして、季節は1月下旬。

少しずつお日様は強くなっています。

気温は1月下旬と2月が最低だけど、昼の長さはだんだんと長くなりつつあります。

やがて春が来るのです。
タグ:旭川
posted by しゅうにゃん at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

あけましておめでとうございますm(_ _)m

2017年もよろしくおねがいします。

と言ってももう1月6日です…。

2016年は地震予知をやってみました。

あまり絞り込んでいませんし、南関東はどうなったとか言われそうです。

自分がUPした予知なんですが、いいところまで行っていると思います。

というのも、1月に約1か月以内にカムチャツカ、アリューシャン、千島、ほか数か所と書いたら、

本当に1月中にカムチャツカとアリューシャンでM7クラスの地震が起きました。

3月は外しまくりましたが、4月に入り、日本だと書いたら、熊本地震。

このときは日本でも西日本だろうと考えていて、探しているうちに地震が先に起きてしまった。

その後はあまり書きませんでしたが、8月以降、何回か9月〜年末にかけて日本だと書きました。

そしたら、鳥取、福島、茨城と起きました。

最後に年末に日本では?と書いて、ちょっと迷うようなことを書いていたので、最後の茨城は当たっていないことにしましょう。

途中、何度か、南太平洋と書きましたが、あれは当たって当然なほど頻発しているからなあ。

要するに、1か月程度以内、範囲は日本とすると当たっています。

それと太平洋地域で北とか南とか、大雑把に書くとけっこう当たっているんです。

ですが、大雑把すぎますかね?

当たっているかどうかは、もうちょっとまとめて反省してみたいです。

熊本は惜しかったのですが。(負け惜しみ)

前年の途中から、日本で福島や宮城以外でも大きな地震が起きるようになって、少し傾向が変わってきたかなと思います。

まだ、どこで起きるか絞り込んでいませんし、予測できていませんが、以前より起きやすいパターンかもしれません。

また地震予知を書いてみたいと思います。

では今年は良い1年でありますように!
posted by しゅうにゃん at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

【火星移民】時期尚早ではないか?火星移民を少しだけ考えてみた

最近にわかに話題となってきた火星移民。私は火星に引っ越したいとは思いませんが。

mars2.jpg

おそらくスペースX社のファルコンロケットの着陸と再利用が見込める段階になったため話が出てきたんだと思います。

今まで、衛星や探査機の打ち上げのたびに使い捨ててきたロケットを再利用する。

この技術が可能になることで、打ち上げ費用は1/100になるという期待もあります。

そうすればコストも安くなるかもしれませんね。

技術的にも不可能ではない話になってきたのでしょう。

ただ、私が思いついただけでいくつかの?クエスチョンマークがついています。


1.ロケットの安全性

まず、技術的に不可能ではないという事と、実際に安全に火星に人を運べるのとでは大きな違いがあります。

ロケットはたまに爆発することもあります。

新世界開拓のために、多少の犠牲がつくとしても、今のロケットの信頼性が十分なものなのでしょうか。


2.まだ行ったことのない火星への旅

まだ実際には火星に有人探査すら行われていません。

どのような問題が発生するのかすらわからない。

移民が可能なのかどうか、無人探査の結果から推察するしかないのです。

何か月もの宇宙旅行の末に、低重力、極寒、大気がほとんどない火星で人類が活動できるのでしょうか?

第1段階の探査などが行われたとしても、永住というのはまた違う問題です。

たとえば、低重力で妊娠出産して子供を育てる、何世代も、そういうことが可能かどうかすらわからない。

また、常時、宇宙服を身にまとった環境や、外へ出れば空気も薄い、とてつもなく寒い、放射線がある。

そういう環境で永住し、子孫を残すのは並大抵のことではありません。

いつかはやらねばいけない大事でしょうが、急ぎ過ぎるのもどうか。

いろんな問題がある中で、一つ、たとえばの話をしてみます。

銀河系でも100年から数百年に1度くらい、超新星爆発があります。

ガンマ線が強ければ、地球の大気ですら影響すると言います。

もしも、火星に向かう宇宙船や火星に移住した人類がガンマ線を浴びたらどうなるのでしょう?

幸運なら数百年は大丈夫かもしれませんが、永住し植民するには避けて通れない問題ではないでしょうか?

3.移住者の社会的問題

火星に移民した人はいったいなにじん(何人)?

火星人なのでしょうが、地球から独立した国家を立ち上げるのでしょうか。

誰が彼らの法や権利を守るのか?

移民の民族や国家別、宗教などの問題はどうなるのでしょう?

いやほんと、これは我々は知らなくてもいいかもしれないけど、本人たちには大問題です。

トラブルが起きたらどこに訴えて、だれが調停し、どのような取り決めがあるのか?

病気になったら、だれが面倒を見てくれるのか?

そして、コミュニティーができたとしても、最初のうちは地球に大きく依存する社会です。

それを維持し、拡大していくために、誰がどのくらい負担するのか?

どのくらいの投資でどのように発展するのか?

社会を維持するためにはどのような設備がどのくらいあればよいのか?


と、まあいろいろ思いつきで述べてみました。

私も大きな目で見れば、他惑星への植民は反対ではありません。

人類はフロンティアがあれば、そこを開拓していくでしょう。

しかし、あと10年くらいで性急に移民するのには懸念があると申し上げたいのです。

せめて有人探査を終えてから実現性を判断すべきだと考えています。

あと、低重力で地球にだけ人類が住むのが心もとないのなら月はどうでしょう?

月は確かに火星ほど大きくはありません。メリットもあればデメリットもあります。

地球から開拓するのに、それほどのエネルギーを必要としないのではないかと思います。



問題の根幹を考えた上で、たとえて言うなら、南極に人間が移民しないのはなぜか?

まあ、あそこは逆に言うと資源と領有の問題のせいかもしれませんが。

南極と火星は過酷さで言えば南極の方が楽ではないのか?

それなのに、南極移民が独立国家を築いて永住し、繁栄しないのはなぜか?

という疑問に駆られるわけです。(まあ、国家の利害はありますが)

いや、北極圏には先住民族がいますけど。

北極圏とは違う南極圏に永住することのむつかしさもあると思います。

…。

フロンティアがあり、そこへ向けての努力が人類の力を引き上げる、というのは真実でしょう。

次は無謀に人を送り込む前に、とりあえずどんな問題があり、もしくは仮定し、どんなことをすればいいかを具体的に考えて一つ一つ解決していくことが必要だと思います。

性急にとりあえず人を送るのではなく、もっと具体的に問題を考えてみるべきかと思います。

隣の島にヤマト宅急便で引っ越すのとはわけが違うのですから。

タグ:科学
posted by しゅうにゃん at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

【英語】英語ができることの利点・メリット

地震はずしまくっている反省は近日中に書きます…。


さて、英語です。

英語なんてできなくても、日本では生きていけますが。

でもなんだかんだ言って英語覚えておくと得です。

いや得かどうかは自信ないな。

なぜか英語の喋れる人めがけて道の不案内な外国人は聴いてくる。

「英語を覚えても中国人とか他の外国語をしゃべる人には役に立たない」

という間違った考えの人もいますが。

いや、母国語分からない人に対しては英語で説明するしかないでしょ。

中国人もそうだけど、欧州の人も、南北アメリカも、アフリカもアジアも。

なぜ英語をしゃべれなくていいという方に判断が傾くのが理解できない。

確かに、まれに英語まったくしゃべられない人もいますが、経験上、例外です。

中国人やロシア人でも英語しゃべれる人がたくさんいますよ…。


それに英語の歌とか覚えておくとかっこいいし世界は広がる。

英語でニュースが読めると、少しだけ早く世界についていける。

いや、それは勉強ができるからでしょ?っていうけどいやいや!

俺なんて中学入学時の英語のテストなんてひどいものでした。

どうもね、言語に発達の障害があって、先天的には言語の取得に向いていないのよ。

ちまちまと勉強して、高校でも英語は全然わからなくて。

それで30代半ばくらいになって、ようやく少しわかった。


大学に入ると、第2外国語の先生が、外国人だったりすることもあります。

それで、分からないことや伝えることは英語の時もあるんですね。

留学生もいますし。

本を読んだり、説明をしたり、何か書いたり。


あとは日常でも。

JRとか乗っていて、おおよその外国人は道が分かっている。

でも北海道とかだと旅行客が不案内で道を聞いてくる。

なぜか、俺をめがけてくる。

どういうわけか、大勢の人の中で俺に聞いてくる。

もう何回聞かれたか覚えていない。

年に数回でも何十年にもなるとかなりの回数だ。

駅で、観光地で、空港で、街中で。

少しわかるといいですよ。


それに、今の時代、近くに外国人がいるのは珍しくない。

あと留学生や国際結婚とかもあって、外国の方と接する機会も多い。

訪日外国人もものすごい勢いで増えている。


国連だったか、とにかく2つや3つ外国語覚えなさいという推奨がでていたような。

英語覚えておくといろいろメリットはある。

というより、今の時代、話せないことのデメリットが大きいんです…。

自動翻訳もたまにあてにならないかんね。

私もやはりどこか苦手にしていて、わからない時も未だありますが。

それでも、英語と悪戦苦闘して、ようやく少しわかってきたですよ。

東京オリンピックに向けて、英語学ぶのもありだと思います。


posted by しゅうにゃん at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

【占い】来年の占いっていつくらいに更新される?12月中旬?それとも?

私は占いが好きで、自分に当てはまることを参考にしたりします。

日運、週運、月運とかは割と定期的に更新されますよね。

でも、来年の年運というのは、掴みにくい。

去年から見た今年(2016年)の年運がいつくらいに更新されたかメモ的に書いておきます。



まず、夏頃から秋頃はほんの少しありますが少ないです。

本格的に更新が始まるのはやはり12月です。

12月15日頃から更新がやや増えてきて、この頃からいろんな占いを見ることができました。

12月下旬、になるとかなり本格的になります。クリスマス頃に更新されるのも多い。

年末にかけて活発になります。12月31日と1月1日がピークで、この頃までにほとんど更新されます。

ただ、1月に入って更新されるのも少しだけありますけどね。特に東洋系の占いだと節分が変わり目だったりしますので。

(飽く迄、去年の状況なんで、年によっては違うかもしれません。)



今年もこれから12月に入り更新されていく占いサイトが多いのでしょう。

占ってくれる占い師さんたちに感謝しつつ、更新を楽しみにしたいですね。


※ 11/20 20:15にタイトルの間違っていた部分を修正しました。ごめんです。
posted by しゅうにゃん at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする