2017年12月10日

【宇宙・天文】超新星の分類は未来には変わっていると思う

もう、地震予知でもジュース(グルメ)でもないけど、気にしないでくれると嬉しい。

超新星っても韓国のアイドルじゃなくて天体の爆発の方です。

先日、中性子星の合体が重力波や光学観測でとらえられたそうです。

今までわかっていなかった知見が得られて、宇宙にある金などの重い元素の起源がわかったり。

あるいは今回の中性子星の半径の下限が求められたりしたそうです。

そこでふと思ったんですね。

Ia型とかII型とかというのは、本当に超新星爆発の型を正確に表しているのかどうか?

まあ、同じ機構で起きた超新星を分類しているのだろうから、ある程度は同じでしょうが…、

今回のように中性子星同士の合体みたいなケースがちゃんと分類されているかどうか疑問です。

今まで見た星のスペクトルとか明るさの持続で測っているだけです。

でも、できるなら星の爆発の種別で分類されるべきです。

これは今回ならわかるんですが、重力波と光学の両方で観測されたのは今回初なんでまだ早いですが、

今後はメカニズム(機構)がわかってくるのだと思うんですよ。

ただし、重力波で観測できるのは中性子星同士なら遠方でも測れますが、

普通の重い恒星の最後だと、あまり遠いと重力波の観測には引っかからないかもしれないので

時間はかかると思いますが。

I型とかII型とかいうのは、スペクトルとかの分類なんでおおざっぱなので。

50年後、100年後には、この分類が残っている可能性もありますが、

おそらく超新星の分類がちゃんとどういうタイプかわかってそこを分類するようになると思います。

中性子星同士の合体、中性子星と他の恒星との合体、白色矮星の暴走、白色矮星の合体、普通の重い恒星の末期、とか。

そういうの考えると、改めて重力波の観測ってすごいと思えますね。
posted by しゅうにゃん at 14:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

今の自分はマイナスでネガティブ

今は一つの限界に来ています。

地震予知をして、熊本の地震の時はこのブログで結構いい線まで予知できていたし、

書いていない時にあたったこともある。

子供の頃にフェアトレードというのを考え出して、ひょっとしたら真似されたのかもしれない。

その他、いろいろとやってきました。

でも、評価は必ずしも芳しくない。

人によっては「誰でもそんなの考え付くんですよあはは」みたいなこと言ってみたり。

ちゃんと私に褒めてくれた人の数は、それぞれで0人から3人くらいでしょうか?

それでどうやって自信を持てと言うのでしょう?

占い師は「のちに大きな評価になりますよ」「後で報われますよ」

とのらりくらりと言いますが、

もう何十年もいろいろやってきて、私が直接報われたことはありません。

一度、受け取る機会はあったけど難しかったようで…。

つまり報酬はほぼ皆無なんです。

家族に至っては何を悩んでいるのかわからない。

それでいて、我が家は貧してきて、ついに私の生まれ育った土地を手放すことになりました。

もう限界なんです。頑張れません。

昨日は会社休んでしまい、今日も出てすぐに早退しました。

世界は私から何かをむさぼるばかりで、私には何もしてくれない。

これで何を信じて、これ以上の貢献ができるでしょう?

私としてはいじめられているようにしか思えません。

占い師とかも信用できない。

そうそう、それでいて私の嫌いな人を押し付けようとするんですよ。

もうマイナスもいいところです。

疲れました。地震予知も今はとてもできる状況ではありません、

世界への貢献もできません。

占いで自信を持てと言われて、はいそうですか、という状況ではありません。

少し休みながら、もうちょっとネガティブなことでも書こうかと

それだけ考えています。疲れました。

posted by しゅうにゃん at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

ゴールポストをずらすのはK国だけじゃなく、

イギリスや日本もやると思います。

たぶん、私以外の人にはわからないと思う。

もうそういうの疲れました。

少し世のためとか、そういうのはたとえ戦争になっても

地震が起きても起きそうでも放っておいて、

ゲームとか自分の仕事とか自分の楽しみに専念しようかなーとか

思いました。

ブログも真面目に書くと笑われそうだし、

くだらない話題の方が救われる。

あ、愚痴は書こうかな…。
posted by しゅうにゃん at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

子供の頃に考えたこと、

子供の時に既に、距離と速度と加速度と力の関係について、

それぞれ気付いていました。

物理的にそう考えていたというか、発見していたわけですが、

この関係は、知識や思考、努力、について並行的に考えうると

気付いていました。

つまり、努力にも2種類あって、

思考し記憶していく努力と

加速する努力があって、

加速する努力は、メタ知識とかメタ推論を進めるのに相当する、

一段高い努力。

勉強、ではなく勉強法を考える、

やり方自体を大きく変える努力によって加速度的に頭がよくなる

っていうのがわかりました。

高校生の中ごろに、勉強法について加速的に進化させた結果、

ある科目は平均より少し上だったのが、偏差値78という、

東大生並みのスコアをたたき出すんです。全国で55番目とかね。

あの時は、みなテストでぼろぼろになっているのに、

一人だけ90点台だったんだよな…(平均は40点くらい)

それは今の時代なら、少し物が分かればできることではあるんですけど、

あの時点ではかなり画期的だった。

逆に、英語は苦手で、勉強法を勉強してもできなかったですよ。

今でも勉強しています。30年くらい。

それでも、まあ人並程度です。

なんでもできるわけじゃないけど、

努力の度合いは高いけど、より高いレベルで適切に努力した方がいい。

真面目な努力というのと少し違うかもしれない。

その時、結局複数の科目で急上昇して、

なんかゲーム感覚で勉強していて、ほとんど最下位から

やや上位に昇ったような感じでしたよ。

でも要領が良いと言えばよいのですが、

塾に通って勉強したのではなく、

自分の力で途方もない上昇気流に乗った感じです。

加速度的に力を加えて、速度自体を上げてみる感じでした。

あの時は学校のほかに家で1日6時間勉強しても楽しいと言う感じだったからなー。

posted by しゅうにゃん at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経済とか

あとね、俺はある組織に勤めていた時に、

とある銀行株が数年で20倍に上がるのではないかと思いついた。

しかし、どうも立場上、法には触れないが望ましいことじゃなかった。

そのため買わなかった。

どうなったと思います?

2年で19倍ですよ。

あのとき、こっそり買っていたらどうなったか?

うーん、悩ましい。

ちなみにM銀行グループの株(分割前)のことね。

あれがあがるのはわかっていた。

俺は逆に、今(2017年秋現在)は世界的に熱狂の少ないバブル経済(特に海外)だとみている。

多くの国で、もうすぐ債務を増やせなくなるんじゃないかとみている。

特にアメリカと中国。

ただ、他の国では場合によってはひどくなるけど、

日本も巻き込まれるかもしれないけど、

日本はまだましな方じゃないかと思っている。

北朝鮮情勢次第、あるいは各国の政策次第で少し変わるとか流動的な側面もあるので、

まだ確定事項ではないと考えているが。
posted by しゅうにゃん at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんとなくアメジスト

実は、私のアイデアというのは、私が考えた少し後に、なぜか他の会社だったり団体が全く同じものを作ってしまうことが多い。

たとえば、乾燥させたイチゴにチョコをまぶしたお菓子とか(これは数年かかっているけど)、

大豆にきなことチョコをまぶしたお菓子とか、

音楽に合わせて点灯させる雪の中のモニュメント、

クリスマスファンタジー、

巨大な石を配置した山麓の庭園、

ホットカクテルでの町おこし、

生どら(これは既に東北の企業が思いついていたけど、俺が再発見してから流行った)、

パークゴルフ、

ざっと3分で思い出しただけでも、これだけある。

さて、どこが同じものを使っているでしょうか?

テスラとベルの関係みたいだ。
posted by しゅうにゃん at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする