2018年06月07日

イミダペプチドが効いている感じがします

以前の記事で、疲れたのでイミダペプチド飲んだと書いたので、

そのフォロー記事です。

結局、飲み始めてすぐに、心折れることがあって、

有給休暇1日使いました。

そして1日休んだので、疲れが少しだけ取れたっていうのはあるんですが、

イミダペプチドが効果を発揮するまで2〜3週間ほど飲まなきゃいけない。

ほぼ2週間分飲みました。

今日は木曜日なんですが、私にとって魔の木曜日!

月曜や火曜は休日明けだし、金曜は終わればハッピー、

そんな感じが全くしない木曜日。

なんですが、働いていて感じたのは…

「いつもの木曜日じゃない!!」

今日は疲れがものすごく取れているんですよ。

木曜午後と言うのは、本当につらかったはずなのに。

全然疲れていない!びっくりしました!

まだ1日だけなので、今後も様子を見ますが。

有給使っても結局はまた1日1日疲れは貯まりました。

が、数日たち、1週間たち、なんか少し軽くなって、

今日、週も後半の夕方なのに元気な日の朝くらい疲労感がない!

実は正直に言うと、3日前くらいに、

ストレッチの方法を見直して、腰を伸ばしてみたんですね。

そうすると、良くなかった腰が楽になりました、ということもあります。

でも、それだけではなく、この疲労感のなさは

イミダペプチドっぽいです。なんとなく。

なぜかというと、疲労感がすっぽり抜けているんです。

調子が良いからとここで無理するとよくないので、

むしろセーブ気味に体力は温存しますが。

それにしても…うーんすごい。
posted by しゅうにゃん at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

疲れに効くと言うイミダペプチドドリンクを飲んでみました。

私も40代半ばで、踏ん張りが効かなくなってきました。
若いころならば、1日に10冊本を読んだり、
山に上がって下りたり、
カラオケに行って…、
いろんなことをできました。
でも今は…。

とにかく疲れやすい。本当に。
病気じゃないのかと思う程です。
慢性疲労症候群とは違いますが、
易疲労性というのは当たっています。

仕事も1か月ごとに休暇をもらったり、
どうにか疲れが取れないものかと…。

いろいろなことを試しました。
マッサージ、ストレッチ、マインドフルネス、
しかしどれも十分には効かなかったです。

イミダペプチドというのは聞いて知っていました。
大阪大学は疲れを研究していて、
初めは「疲れと言うのは生体アラームの一つ」
と言う事実を指摘していたかと思います。

実は試そうと思ってためらっていました。
効いたと言う具体的な話がイマイチ伝わってこない。
本当なのかな?と疑ってました。

しかし、2018年5月になって、
「あかん、こんなに疲れては…」と
もう疲れすぎてどうにもならないので、
藁にもすがる思いでイミダペプチドを注文。

数日後、無事届きました。

imida-001.jpg

イミダペプチド30本!

これを飲めばいいのか…。
本当に疲れは取れるのかな?
というかどんな感じなの?

imida-003.jpg

箱の中に10本入りの箱が3つ。

imida-004.jpg

1箱に10本。

imida-005.jpg

1本は一番小さな栄養ドリンクの瓶のような感じ。

これを6日かけて1日1本ずつ飲んでみました。

(注意!ここからは私の個人的感想です)
(誰でもこうなるかどうかはお約束はできません)

味は、鶏の胸肉だけあって、
本当にあっさりとしたタンパク質やアミノ酸飲料みたいな感じ。
少し甘めだけど、あっさりしすぎた肉エキス。

このあっさりさが効くのかな?

飲んでみて、別にエネルギーがみなぎってきたわけではありません。

血糖値が上がるわけでも、ギンギンになるわけでもなく、

ただ、何かこう少し違うんですよ。
疲れが減ったというのはすぐには実感できませんでした。

飲み続けないと効果ないのか?

次の日、起きたとき、あまり変わっていなかった。

ところが、なんかこう夕方に「あれ?疲労でへばっているはずなのに?」
少しだけいつもより違う。
調子がいいとまではいかないけど、だるさが減っている。

さらに飲み続けました。

そうすると、
1回では実感できなかったのですが、
徐々に疲労感が少なくなってきました。

まず、仕事の方で、簡単な事務っぽいパソコン使った仕事ですが、
仕事が終わったときの疲労が減っている。
というか、月曜から日を追って蓄積していくのが、
木曜でも踏ん張れる?みたいな。
(私はいつも木曜が一番つらいのです)

仕事終わってから買物に行く気力と体力がある!
いつもなら寝ていたのに?

飲み始めてからこなした仕事量もそう少なくない、むしろ多い?

仕事の際も、イミダペプチドを飲んだと言ってはいましたが、
「効いているんじゃないですか?」
と言われました。

説明すると、確かに違うのは、
6時間たっても、今までの4時間分の仕事くらいの疲労感?

元気やテンションがあがるわけじゃないんですが、
とにかく踏ん張れる、なんか2歳くらい若くなった?
あれ?いつもならここでバタンキューなのに、
疲労感は確かにあるけど、少ない?

みたいな感じです。

疲れが取れると聞いてみなさんどう思うでしょうか?
やる気がみなぎる?バリバリ?

実は飲んでみて感じたのは、
そういうプラスでポジティブな感じがしません。

しかし、しかしです!
仕事終わったときの疲れが20%〜30%くらい減った気がする…。

というマイナスを補った感じはあるんですよ。

だから、1週間の勤務が終わっても、
あれ?余力ある?

みたいないつもより、消耗が少ない感じがします。
元気になったという実感は少ないのですが、
体力の消耗が減った感じ。

飲み続けるにつけ、少しだけ、朝が楽だという感じはありますし、
1日1日、体調がよくなった感もありますが。

消耗が少ないという感覚なんです。
これって不思議。

人間って元気バリバリだと違いは実感しやすいのに、
疲れが減った、というのはプラスの印象として
感じにくいものらしいですね。

だから、糖分やビタミンの補給やカフェインのような
興奮するような覚醒効果はあまりないです。

いつもだったら、「もう疲れた〜休みたい〜」
と言って音を上げていたのが、
「やあー!今週も終わりだー!」という
なんかやり過ごした感じがありました。

もうちょっと飲み続けてみたいし、
もしこのパフォーマンスを維持できるのであれば、
少し高くても飲み続ける価値はあるのかな、
と思いました。

とりあえず、今は30日分飲みます。

また変わってきたら、ご報告したいです。
posted by しゅうにゃん at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

風邪の時にBCAAを飲んだら速攻で効いた

以前にも書いたかもしれないけど、BCAAというアミノ酸サプリは風邪に効くらしい。

というのをすっかり忘れていて風邪を引いていました。

ネットで検索していたら、BCAAが風邪に効くという記事を見つけました。

あ、そうだったね、と言うわけで豆乳にBCAAを入れて飲んでみました。

30分後くらいに楽になればいいな、と考えていたのですが、

飲んだとたん、速攻で効きました。

気分のせいかな?と思ったくらいです。

とても体が楽になって、咳は止まらないんだけど、のどが楽になりました。

風邪でも仕事していたのが、飲んだ後は普通の時のように仕事できました。

グルタミンも効くらしいのですが、そちらは持っていない。

あと、調べてみたのですが、ビタミンCは風邪にはあまり効かないらしいです。

もちろん、ひどい場合は病院かかった方がいいと思いますが、

風邪の時にBCAAを飲むのはお勧めですよ。

最近だと、ドラッグストアのスポーツドリンクのコーナーに

BCAA入りの飲料とか売っています。
posted by しゅうにゃん at 20:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

とあるニュース番組ではインドにはビーフカレーがないと言っていたが、あるんじゃないかと思う。

別にインド行って確かめたわけじゃないから、ないのかもしれないけど。

ある報道番組で、大昔に、インドは牛を敬うからビーフカレーはないのですよ、と。

ところで、私の大学時代にバングラデシュの留学生がカレー作ってくれた。

学生やその母親とか、かなり多くの人との交流会でだ。

それがビーフカレー。

インドのヒンズー教では牛は神聖だが、バングラデシュはイスラム教徒多いので。

カレーの味はガラムマサラっぽい感じかな。

肉の味が生きていてかなりうまかったです。

で、その時思ったのだが、バングラデシュって独立前はインドじゃないですか。

ということは、まず独立以前にはインドにはビーフカレーがあったということになる。

いや、それだけではなく、インドには今でも数千万はイスラム教徒がいるはずだし。

ウエストベンガル州のように、バングラデシュと文化・宗教が似ている地域もある。

私もコルカタまで行って確かめたわけじゃないので、100%という自信はない。

おそらく、インドって多民族国家だから、今もビーフカレーあるんじゃないかな?

と思った次第です。とりとめない話題ですいませんね。
posted by しゅうにゃん at 19:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

中古本とかで有意義だと思うお金の使い方

たぶん、お金を使わない人はいないと思う。

当たり前すぎるけど、お金を有効に、有意義に使いたいと思う人は多いはず。

私は無駄なところは無駄に使うけど、締めるところは締めて使いたい。

と言うわけで、お金の使い方。

おそらく、知識とか教養にちゃんとしたお金を使って、

その代価に見合ったお金の使い方ができればいいかと思います。

その点、今の中古の本っていうのが、無茶苦茶なデフレを起こしています。

ファイル交換でPDFとか回している人には伝わらないと思いますが、

私は少し古い人間なんで、書籍とかは中古で買うことも多いです。

新品しか買わないほど潔癖でもない。

実は、古本を買っていて分かったのは、

無茶苦茶安い本(本体1円、送料350円のような)は

2種類以上に分類できます。

一つは需要がなくて、発行もされないが、読むほどではない本。

そして、もう一つ、昔は重版を重ねたけど、今はブームが去って安くなった本。

たとえば「生き方のコーチング」っていう本だけど、

これは結構、良い本だと思うのですが、以前1円で買ったかもしれない。

コーチングの教師が、人生でのコーチング方法を書いた本で良書。

ブームとかでたくさん刷った本が値崩れ起こすと、

1円とか100円とか、良い本なのにそういう値段がつくことがあるのです。

どうみても500円とか千円の価値はありそうなのに、1円とかね。

こういうの買えると嬉しいです。

本当はお金があって、経済的に貢献できればいいんだけど…。

あと、需要もないけど供給がいっぱいな本は、

どこぞのカルト系宗教の本とか。これは1円でも買わないかな。

もうトンデモ本としてみるしかない。

書籍とかCDとかで安くなるのは2種類、

ブームが起きていたか、もとから需要がなかったか。

もしくはなんかカルト系のような特別な場合。

あと、音楽CDね。

一時期、ショパンとかモーツアルトのCDが値崩れ起こしていて、

密林価格で100円とかになっていて、買いました。

これは書籍と微妙に異なり、マニアはそれほど見向きしないレベル。

だけど、初心者が聴くのに十分耐えるくらいかな。

こういうの数百円で買えましたよ。

まあね、どこぞの動画サイトでいい音楽見つけてDLすれば無料なんでしょうが。

私はその辺、全くDLしたことないわけじゃないが、

基本的には購入する派なのです。

そこ行くと、CDとかは好みで選ぶので、価格2の次ってところあるけど、

書籍の方は割と良書でも値崩れ起こすので、

この辺がねらい目かなーと思うのです。


posted by しゅうにゃん at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

40代半ばの私が、ジョギングを始めた効果・経験などを書いてみます。

どうもしゅうにゃんです。表題のとおり、最近ジョギングを始めました。

数年間、食べるものを減らして体重を落としたのはいいのですが、

基礎代謝まで減ってしまい、足腰も弱くなった感じです。

さすがにそうしないとマズイほど太ったのではありますが、

ジョギングをして健康的になろうと一念発起しました。

そして、1か月半続けた効果・効能を書いてみます。


■ 初めは500mも走れなかった。

お恥ずかしい話ですが、子供・学生の頃から体育が苦手で、

体育の成績でいつも5段階で2でした。

高校の校内マラソンでも450人中350番目くらい。

それで3月に最初に走ったのですが、最初500mも走れませんでした。

息が切れてしまいます。

ネットで見るとやはり初心者にはありがちなので、

徐々に増やすのを目標にして、500mをとりあえず走り、

100mから200mずつ増やしました。

とりあえず5月の昨日、1.7kmほど走ることができました。

そんな私が1.7km走れるんだから、

もっと多くの人が走れるはずだと思います。


■ まず体重は落ちたか?

実は増えました(爆)

これは「世界一やせる走り方」の本とか、ネットでも

言われているのですが、初めはむしろ増えることもあるそうなのです。

65sだったのが67.5sに増えました。

走った後に飢餓的な空腹感に襲われて食べるのに、

ちっともやせない。

しかも体脂肪率も減っていない…。

ただ、心肺機能が増強になったのか、

普段は筋肉痛を除けば、体は楽になった感じもあります。

ランニングは走りはじめの内がきついです。

これを継続しないと痩せられないそうです。

ただし、筋肉痛の程度とかを考えると、

筋肉が発達して体重増えているんじゃないか?

という感じです。


■ 走らない時と比べてどうか?

実は疲れはあります。走った後にまずぐったりして、

翌日は筋肉痛…。

なのですが、メンタルも体力も弱い私にはいい効果がありました。

何も運動しないでも、実は疲れがあるのですが、

それとは別種の疲れなのです。

  何もしないで疲れる=体に悪い。

  運動して疲れる=当たり前。

なのではないかと思っています。

どちらでも疲れるのなら同じと思うかもしれませんが、

おそらく体にもメンタルにもいい効果があります。

一つは、心肺機能が高まることと体温があがることで、

免疫系にもいいのだと思います。

週1.5~2時間くらいの運動を今までしていない人間が、

始めると死亡率が下がったりするそうです。

メンタルに効くのは、走り終えた後の多幸感です。

ランの後、長くても2時間くらいだと思いますが、幸せな気分に浸れました。

普通の薬などでは得られないタイプの心地よさがあります。

翌日は疲労で、また少しダウンしちゃいますが。

心肺機能が高まったせいか、何もしない疲れは減りますね。

今ではその心地よさを得ることが走る動機になっています。

それと夜はかなりぐっすり寝られます。

早く寝すぎて夜中起きてしまったこともありますが。

何もしない疲れやすさは減ってくるのですが、

疲れやすい人に現れる首のしわが徐々に目立たなくなってきますよ。

あれ?なんでここが変わるんだ?という驚きはあります。


■ 初心者におすすめすること

まず、ジョギングシューズは買った方がいいです。

私はスポーツショップで7千円くらいの買いました。

モチベーションによいのもそうなんですが、

走ったときに足が軽く感じます。

そして、着地時の衝撃も小さいです。

特に初心者にとっては、走るのを習慣化するときが

一番きついので、その時期を乗り越えるためにもお勧めです。

あと、スマホのアプリで、できればグーグルマップかなにかと

GPSの距離と時間を測るアプリがあれば使った方がいいです。

私は1q走ったのだと思っていたのは、実は1.5kmでした。

アプリの中には精度のかなり低いアプリも

あるので、ちゃんとしたデータを取れるアプリを

使うのを見比べるのがお勧めです。

私はRuntasticを使っています。


■ 実は始めた時期にも意味があって…

3月から始めたのにはちゃんと意味があります。

まず冬だと足元がよくないのと、

昼の長さが短い、寒い、など、

あまりよくないのです。

春に始めると、徐々にあたたかくなり、

かといって暑すぎない、

雨もしとしとと降り、気候が良いです。

既に走っている先輩ランナーも

5月頃が一番伸びると励まされました。

夏だと暑すぎたり、既に昼の長さが短くなるとか。

秋や冬は寒いし、足元悪いし、日が短い。

メンタルも落ちますし。

なので春がいいと思い、3月に始めました。


■ その他

まだ初めて2か月も経っていませんが、

体質が既に変わってきたんじゃないかという

感覚があります。

目に見えて足が太くなりました。

私は足が細いのがコンプレックスだったので、

これはこれで良い結果なのですよ。

まだ途中ではありますが、

心肺機能も良くなってきた感じです。

体は多少疲れますし、筋肉痛ですが、

頭の疲れ・心の疲れには改善効果がある気がします。

まだまだこれからですが、

少しずつ調子が上向いてきた感じがします。

また1か月・2か月と続けて、

続きが書けたらいいです。
posted by しゅうにゃん at 18:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする