2016年12月09日

【地震予知】日本付近か?

少し急いで書いています。あとで加筆修正すると思います。

12月内から1月にかけて、日本化日本周辺でM6〜M8台の地震が来る可能性が高いかも。

パターンによる予知です。

以下、加筆。(2016年12月9日9時30分過ぎ)

インドネシアで12月7日朝M6.5、南太平洋ソロモン諸島で12月9日未明M7.8の大きな地震がありました。

今年の傾向として、一辺が数千キロの地球表面規模での正三角形のパターンで大きな地震があることが多い、というのを1月頃からみていたのです。

これらの地震とのパターンの対応で日本付近も対象になってきます。

ところが、急いで書いて、失念していましたが、日本では既に福島でM7クラスの地震が起きています。

この地震との対応であれば、福島で起きた後に、インドネシアとソロモンで地震が起きたとも見えなくもありません。

その一方で、依然としてまだ日本付近で大きな地震が起きる可能性も残っています。

可能性としては、やや低くなりましたが、日本か周辺付近での大きめの地震の可能性もまだあります。

そしてインド・ミャンマー北部、中国西部か南西部でも可能性はややあります。

(ここから2016/12/21追記)

2016年は4月の熊本地震あたりから日本付近での地震の様相が変わってきたように見えます。

さらに、何度か南太平洋での大きな地震を予測しましたが、かなりの数の大きな地震が起きています。

インドネシア〜ミャンマー付近でも発生して、それと南太平洋の地震のパターンでみると日本付近が想定されました。

実際には南太平洋で起きる地震の数がかなり多く、日本ですべてに対応する地震が起きるわけでもありません。

ただ、日本付近でやや大きな地震が増え始めたのは気がかりです。

パターンの対応から見ると、日本付近でこれからも地震が起きるのではないかとみています。

今後は別記事で地震予知の日記の方にアップしますね。
posted by しゅうにゃん at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

【地震予知】鳥取と福島の地震が予知できなかった【言い訳】

いや、本当に申し訳ない。

鳥取の地震と福島の地震を予知できませんでした。

それでいて南関東とか予知していて、こちらも当たっていない。



実は、9月29日の時点でブログに載せた地震の考察はいいところまで行っていました。

確実に大地震が起きるかどうか判断ができないけど、起きても不思議じゃないと。

特に、


>>関東や東北太平洋側の比率が減って、内陸や日本海側での有感地震が増えていること。


素直にこの現象を予兆ととらえてみれば、鳥取と福島はもう少しいいところまで行くはずでした。


なぜ外したかというと、GPSのデータを頼りすぎてパターンを見逃した。

今年の1月から地震予知をブログで言い始めました。

振り返ってみると、世界的な地震予知の傾向をパターンでとらえていたのはいいところまで来ていると思います。

傾向として日本で起きるのでは?と言ったのは、4月初めと9月以降です。

実際、熊本地震は4月だし、鳥取は10月21日、福島は11月22日。

なぜ当たらなかったのかと言えば、日本の中で絞り込むのが間に合わないか、間違っていた。

9月末の時点で、「日本海側でこれまで以上に頻発するようになった」

「太平洋側で急激に地震の数が減っている」とのパターンは認識していました。

前兆を掴んでいたのにが、GPSを頼りすぎて、地震のパターン法則を見逃していました。

しかし、もう少し地震予知の考えを深めれば、まだ向上の余地はあるとみています。

パターンをつかむところまで、あと一歩だと思います。

ずばり的中させた地震はなかったけど、傾向までは掴みつつある。

もう少し絞り込めるよう、努力して、なんとかやってみます。


posted by しゅうにゃん at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

【地震?】地震が少ないからと言っても前兆とは限らない

ここ最近、気になっているのは、四国付近の地震の少なさ。

あれ?こんなに少なかったっけ?って感じです。俺の気のせい?

tenki.jpの有感地震の震源マップではほとんど何も出ない。期間も長いのではないだろうか?

Hi-netでの微小地震も西部沖と四国の東の方は少ないながらもあるけど。

でもね、中国・四国地方は、以前から少なかったような気もする。

以前に、群発地震が止んで新潟中越沖が起きたといったけど、今回はどうかまだわからない。

新潟の時は頻発する群発地震がぴたりと急に止んだんだが。

大きめの地震が起きるとか起きないとか言えないんだが、普段から地震がほどほどか少ない場所だと、少ない時期もたまにないわけでもない。

新潟を見ている場合は、比較的北海道にも関係ありそうなので、傾向の把握も少しできたんだが、四国は遠い。

四国で地震が少ないと言うのが何を示すかまだわかっていない。いや、なんなんだろ?

ただ、少し注意してみている、という感じです。地震予知と言うより、地震起きないでいいから、こういう事例の積み重ねをフィードバックして精度を高めたい。

なんか奥歯に何か挟まった感じの物言いで申し訳ない。



タグ:地震
posted by しゅうにゃん at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

【地震予知】パターン予知の妥当性を少し考えてみたい

後付けでこういう法則があった、予知できたかもしれないということではない、「いやだったら先に予知しろよ」と言われそうなのですが…。

それはそういう側面もありますね。後からいうのは易しいと。

でも、今までは後から法則を言うことや予知可能性すら言われなかったんですよ。

これは経験をフィードバックして行かないといえないことではあります。

ただ、まだ疑問は残ると思います。

メタ法則とか法則があると言って、必ず予知できなければ当たらないのと同じでは?と。

これもそういう不安はあると思うんです。

でも、こういうことはできます。

少なくとも私が今年1月から4月頃まで予測した地震はいくつか当たっている。

何月にどこそこで大地震、というのは地球規模で。

二つの疑問にこういういい方ができると思います。

未だなぜこの法則なのかはわからないが、私は数十パーセント程度の確度の予測をしました。

これはブログに書いて公開しましたからね。

つまり、予知が全くできないゼロの状態、予知が完全にできる100の状態、だとすると、

30とか40の状態にあるんじゃないかと思います。

確率で当たると思われる方もいると思いますが、もし確率で当たるのなら誰でもこのレベルで当てることができるはずです。

4月に日本で大地震というだけではなく、同時に1月から2月でカムチャツカやアリューシャン、と誰でも言えるでしょうか?

あと、その正三角形の法則のことですが。

例えば、これが偶然だと言えるのかどうか。

今のところ、必然だとする証拠はないのではありますが、ひょっとしたら究極的に厳しく言えば偶然であることはあり得ますが、普通に見れば当たってはいたと言えます。

というのは、いくつか前のブログ記事でその三角形を示しました。

2015年に起きた大地震の地図では12月まで正三角形を描ける配置にはなっていないのです。

他方、2016年上半期では正三角形を描ける配置が非常に多いのです。

そして、それを基に幾つかの地震を当てているわけです。

必然と偶然の合間にふわふわ漂っているので、心もとなく見える点があろうかとは思いますが。

でも、これはこれで幾つか当てたのですから、何かありそうだという端緒をつかんでいるのかもしれない。

まとめるのが大変ですが、

確かに、まだ正確な理解にはいくつか難点がありますし、そもそもなぜ当たるのかは解明されていないという点はあるものの、

何か当てそうな法則はありそうだ、くらいは言えるかもしれないと。

パターンによる予知についてはそういえるかもしれません。

また、パターンと言ってもその正三角形とか飛びとかではなく、大地震の前触れをGPSや震央図で探すのは、かなり見込みがありそうだと言えるでしょう。

タグ:地震予知
posted by しゅうにゃん at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

【地震予知】続き・地震の法則って何?実はメタ法則みたいなものがあるんです。

つまり、何がわかるのかと言うことです。

2015年の末頃からは、「正三角形の形が取れるような震源の配置になる」ということなんですが、

○×の形が取れる(あるいは対称性のある、距離がこのくらいである)震源配置が数か月から数年続く、と言うこと自体が法則の法則(メタ法則)だと考えています。

しかも、どこでも正三角形ならいいのではなく、頂点は地震の多発地帯でなければならない、これはありそうです。

距離には相場があって、世界的な大地震の場合は数千キロが多いです。もしくは半分だったり。

あと、おおよそ次の発生時期の期間的なものは、むしろわかりやすくて今回の場合も幾つかありますが、パターンもありそうです。

もちろん、震源配置が一定期間続く、ということは一定期間が過ぎたらおそらく法則は変わっているのでしょう。

2015年の12月の前までは、地震の震源はパプアニューギニア北部からソロモンとかバヌアツ方面に偏っていました。

一定の期間、同じ場所で続きやすい、これ自体が法則なんです。そして、法則が変わっていくのが上位の法則。

だから、法則が変わろうとしているときは、外れることもあるのですが、それをすかさず見つければ、芋づる式にあたる時があります。

悩ましいのは、今回の三角形の場合でもどの順序で起きるかは、やはり難しい。

場合によっては確率的な問題になるかもしれない。

いろいろまだ不完全で、100%の予知にはならない。

しかし、ブレイクスルー的な一つ、予知ができる可能性も少し見えてきたというのも実感としてあります。

今回のことのように、2015年の多くの場合はニューギニア周辺に偏っていました。正三角形はとらなかった。

それが2015年12月末から2016年上半期には、正三角を取るような配置に変わってそれ自体が続いた。

このような傾向の持続と変遷を見つけてやることができれば予知が可能になるかもしれません。

現状では未だ、次の法則が何かはわからず行き当たりばったりみたいな部分のやり方はあります。

だから、そのパターンを見つけてやらないことには始まりません。

パターンからはずれてしまって、どうしようもないときもあります。それは自分が人間が分からないだけで何かのパターンがあるのかもしれませんが。

これがなぜなのか?というのがまだわからない。

でも、それでたとえば、2016年4月に日本で起きそうだというところまではいきました。

そこから先は、日本のどこで起きるかを探るのです。

GPS変動データや震央図をみて異常がないか見てやる。場合によっては、中規模の地震の法則みたいのを使う。

それで場所などを特定してやる、というやり方です。

今のところ、私のやり方はこんな感じです。


もう少し、今回の2016年上半期のを詳しく解説や考察したい、あるいはなぜ法則の法則で相対的なのか、または理由の仮説ですが、根気があればまた書きたい気もちも少しある。

疲れた。暗い音楽聴いて泣きながら書いています。しくしく。


タグ:地震予知
posted by しゅうにゃん at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【地震予知】(前回からの続き)2016年4月頃の地震について

2016年の大地震について書いています。

4月の13日から17日にかけてミャンマーや南米でM6.9以上の地震と、熊本地震の前震と本震なんかが起きているわけです。

4月17日のエクアドルは予知が難しいです。南北米はあたる時もありますが、一般に太平洋などより難しいかも。

無理やり三角形にしてみますが、これは正三角とはもはや言えないでしょう。

2016-eq-a7.jpg

つづいて南太平洋で4月29日に地震が起きたわけです。

2016-eq-a8.jpg

これはこんな感じで、正三角に近い形がとれました。

ただ、予測は難しいんじゃないかと思います。何か手がかりにかけています。

起こりうるといういい方ぐらいしか地震前には言えないんじゃないかと思います。

時期的な予想が難しいと思います。

既にこの三角形が一度、形作られているので、必然性がないんですよね。

ただ、2015年もこの辺りでは同じような場所で大きな地震が頻発していました。

地震と言うのは時として、同じような場所で続くこともあります。

そのくらいしか言えません。

続いて南大西洋の地震。

2016-eq-a9.jpg

南大西洋(地図の右下)で大きな地震がありました。

既に正三角形が作れなくなっています。その方が普通なんですが、いかに2016年上半期が正三角形のパターンが作りやすいかということなんです。

この最後の方の地震のパターンは、正三角形のパターンが少なくなりつつあることを示しているのかもしれません。

1年単位で続くことも多いのですが、このパターンが続くのかどうか、まだわかりません。

以上、私がパターンを見ているときの図形の取り方をお見せしました。

たぶん、もう少し続けて丁寧に説明できればいいのですが、心身のエネルギーが持たないかも…。

続きは書けたら書きます。
タグ:地震予知
posted by しゅうにゃん at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする