2016年06月04日

【地震予知】日本付近に弱い示唆がでています

今回はあまりあてにならないかもしれないですが、念のために書いておきます。

日本周辺に弱い示唆がでています。

この場合は、確率がやや高いが、必ずではないという意味です。

根拠はインドネシア・スマトラの地震です。

日本周辺と言っても広範囲で、まだつかみ切れていません。

日数的にも今後45日以内程度、強さはM5.6〜以上くらいしかわかりません。

強さの方、低い方に外れればいいなと思いますが、案外M6〜7くらいかもしれません。

これじゃ予知じゃないよ…と思いますが、いったんここに書かないと私の地震予知は進まないのです、スマン。

それと、地震予知して数日で当たる場合も結構あるので、書いておかないと、実際は当たっているのに何も言えないとか言う場合があるのです。

でも、私が予知して気づいたのは、自分で思うよりも高精度らしいので。

もうちょっと精査します。とりあえず。


ラベル:地震予知
posted by しゅうにゃん at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

【地震】次の地震が今のところわからない

どうも、しゅうにゃんです。

体調と精神面で不調なのですが、今の時期は少し書いておいた方がいいと思ったのです。

4月の初旬に南太平洋の地震があって、そこから導いた結論が

「近いうちに日本付近でやや大きい以上の地震の可能性がある」

というものでした。

その時に書いたのは、直近とGWにピークがあるとのことです。

で、日本付近の地震可能性について軸足を移して調査していて熊本地震に間に合いませんでした。

が、あのあたりは目をつけてはいました。(まあ、間に合わなかったんで負け惜しみですが)

問題は、今後です。次のピークはGW付近にあります。

ただ、すぐに日本かと言うと必ずしもそうではないのではないかと思いつつあります。

日本かもしれませんが、この辺、あいまいです。

ただ、ちょっと別の可能性もあります。

大きな地震が複数回来るのが傾向ではないかと思っていたんですが、熊本で2度大きな地震が起きているんですよね。

だから、次の地震が起きないかも。

とにかく傾向が読みにくいんです。

今言われている、南海トラフがくるかですが、わからないけどまだかな?と思っています。

これがあてになるかどうか…。四国付近のGPSデータは止まっているわけじゃなさそうなので。

確かに中央構造線周辺の地震活動が徐々に活発化しているんですが。

だから、まだいろいろ考えていますが、予知ができていないので、だらだらと考えだけを書いてみました。

すいません。コンディションが悪くて、考えがまとまらないんです。
ラベル:地震予知 地震
posted by しゅうにゃん at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

【地震予知】ほらまた起きたー。

前回のブログネタが4月から5月にかけて日本にM6以上の地震が来るかも、というものでした。

本当に熊本で地震が起きてしまいました。

九州とか絞り込めていればよかったけど、日本付近としかわからず、全知ならざる自分の限界を感じます。

4月6日に予想書いているんですが、今日が4月14日なので、1週間と少しで起きています。

本当にそろそろ起きそうだからと詳細に調べようとして、間に合わないような。

ね?当たっているでしょ?

そして、可能性として、実はまだ日本付近でのやや大きい〜大きい地震が起きる可能性は残っています。

1回既に当てているんですが、まだ起きる可能性は少し高めです。

場所が絞り込めない。今回の熊本から遠いかもしれないし、近いかもしれない。が、日本周辺。

前回言った通り、4月から5月にかけてのM6以上ですが、GW開けるまでは少し高めの可能性かなと思っています。

ラベル:地震 地震予知
posted by しゅうにゃん at 22:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

【地震予知】少し日本付近の可能性が浮上

何日前か書きましたが、日本付近での地震の可能性を示唆するようなパターンが出ました。

実はあまりそういう情報があったとしても、今まではわかっていても書いていなかったんです。

でも、書かないと誰にもわからないわけで。

まだ可能性としてでてきただけで、どこまで可能性があるか詳しくはわかりません。100パーじゃないけど、0でもなく。

なので、今は古い記憶を呼び起こしながら、いつもより真面目に日本付近のいろいろなデータを見比べ中です。

場所も今回はどうも精密に特定できていません。

もし日本でないとしたら千島とかサハリンでしょう。誤差が大きそうなんです。

もしかしたら、カムチャツカの地震(1/30)がパターンの示すものかな?とも思えるんですが。

可能性としては2~3割?今のところ。

時期的には今後2か月以内かそれに近いのではないかと。ピークは直後と1か月を前後するあたりに2つの山があります。

大きさ的には、やや大きいのではないかと思っています。M6以上で上限は不明。

今回、日本付近から周辺としか場所も絞り込めていません。いや千島か日本かもまだ不明

この情報じゃ、当たっても精度が低いので、精度上げるためにしばらくの間パターンを見たいです。

なにせ、パターンと言っても、ある程度動的なんで現在のパターンから見るしかないのです。


ラベル:地震予知
posted by しゅうにゃん at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

【地震予知情報?】今回4月以降は見送り?うーん?

1月のは当たった反面、3月の予想は今のところ、はずれぽっぽですね。

あのー、地震予知ブログでは「今回は外しました」ってどこまで正直に言うのでしょうか?

あまり見た記憶がなかったり。珍しいと思います。

まだ3月は2日間残っているので可能性は0じゃない。けど、どうかな。

あの予想は1月よりは低いのかなと思っていました。

1月の予想は、かなり切迫感があって、それは日本周辺での地震の起き方を見たからなんだけど。

まあ、予想しにくいとは書いてあります。

そして、それでもわざと、予想するならと言ったうえでニュージーランド東沖とかかなりの個所書きました。まだ2日残っていますが。

予想を当たっている風にするには、こういう予想はしない方がいいんだけど、敢えて「もし書いてみたらどうなるのか?」という捨て身の戦術で書いてみました。

幾つかの予想を敢えて書いてみた結果、いろんなことがわかりました。

1.日本周辺で中規模の地震を当てた方が世界よりインパクトが強い。

2.見かけ上、当たらない見込みの予想は書かなければ精度が上がる。

3.でも、わかる情報は正直に書いた方がいいかも。


疲れています。当たって見えるときも何も言われないですからね。

それと、パターンの性質上、止まってしまった場合には、次のパターンが読めなくなります。

なので4月は今のところわからないのです。

これが重要な点で、わからない時はわからないと言えた方がいい。

そうじゃなくて、毎日ブログで「マグニチュード8来るか?」とか毎日書くとそりゃ確率下がりますよ。

ただ、1月のは前にも書いたけど、もう一度書かせてください。

予想して数日で本当に起きちゃうことがあるのですから!

余震じゃなくて、新しい場所として、あの予想は特に千島以東をも言っています。(インドとニューギニアは去年の多発地帯なので余震があるかもと)

それで複数かわからん、千島、カムチャツカ、アリューシャンと言って、

実際2度当てましたし、その可能性も書いてありました。

逆に言うと、3月のは当たっていたとしても、あれだけ範囲が広いんだからあまり意味があるともいえない。

そこで不定なんです。実際、このぐらいになったらいっそ書かない方がいいんですな。(<あとでいうな)

この状態だと4月は予知できない期間に入ります。

でも、実際には起きるかもしれない。

悩ましいところで、まだまだ100%にはできないんです。

そりゃ100%予知とか、それに近ければどこぞに売り込みたいですよー!

様子見なんです。まだパターンを読み切れていないところです。

ただ、実は過去の事例で何回か、1月のよりは当たっていた時があるんです。

具体的に何がどうかというと、指定する日にちの間隔が1か月単位ではなく、短くなったり、地震の大きさももっと絞り込める。

それを取り戻せるかどうか、まだわからないのです。

なにせ、パターン自体が少しずつ変化しますし、予知できない期間もあります。

4月は記録を取りつつ、パターンを見たいと思います。というか、それしかできない。

ラベル:地震予知
posted by しゅうにゃん at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

【地震予知】次回の予知が難しく絞りきれないですが、敢えて言うなら。

あー、昨日インドネシアでM7.9の大地震が来ちゃいましたねー。

まず、これを予知できなかったのは率直に認めます。

ただ、私の地震予知の場合、普通よりは確度高くても、絶対ではないです。

100%の地震予知はまだできないです。


それで、おそらく今後の予知が難しい時期に入りました。

というのは、2015年にニューギニアおよびそれ以東でかなり多くの地震があり、インドでも数回ありました。

そして2016年、アリューシャン、カムチャツカが来て、ニュージーランドはやや小さいけど、インドネシアに来ました。

これだけの場所から予想するとかなり広範囲になってしまいます。

そして、どうも規則性が変則的になりつつあるかもしれません。

でも、敢えて言うなら。

まず、これらインドからインドネシア・アンダマン、それとアリューシャン・カムチャツカ・千島、の地域では引き続き余震や、少し離れた兄弟地震の可能性もあります。

それを除いた上では、まず、ニュージーランドおよび、南東から北東沖にまず可能性の高い地域があります。そして、その北、トンガからニューギニアにかけての太平洋地域西側。

で、今回は外れることを祈っていいますが、日本にも弱い示唆がでていますね。でも、実はちょっと絞りきれないです。今のところ。

日本だけじゃなく台湾沖縄からずっと北東にかけて、北海道や千島まで、という感じで絞りきれない。

どうしてかというと、それに対応する昨年の西太平洋の地震の回数と場所が多すぎるんです。

で、その対応する元の地震のうち、赤道地域の地震については既に過去のものとなりつつあるかどうかのきわどさです。

ただ、今回は絞れないのを承知で、正直に多すぎるんだけど、可能性はないわけではないが不定というのを伝えておきます。

今回敢えて言うなら、ニュージーランドまたは沖からトンガ、サモア、ニューギニアまでの南西から西の太平洋あたりが一番、可能性高くて、西太平洋から南西太平洋。それとアリューシャン・カムチャツカ・千島、そしてインドからインドネシアにかけて。予測はM6.5〜M8、3月と言っておきます。

日本の示唆は少しだけでていますが、こちらはもうちょっと検討しないと、場所も大きさも絞りきれないです。なければないでいいんだけど大きいの来たらいやだなあ。

前回、3.11と似ているかどうか?で言うと似ていないのですが、ちょっと違うのならあり得ます。が、それもどうかわからない。どうしてかというと、インドネシアで起きたことによりパターンが少し変わっちゃっているのですよ。

今回はうーん?ってな感じなんです。難しいんです。

※追記(3/3 午前10時ころ)中南米の太平洋岸にも示唆がでていたのを失念していましたので付け加えておきます。
ラベル:地震 地震予知
posted by しゅうにゃん at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする