2016年04月06日

【地震予知】少し日本付近の可能性が浮上

何日前か書きましたが、日本付近での地震の可能性を示唆するようなパターンが出ました。

実はあまりそういう情報があったとしても、今まではわかっていても書いていなかったんです。

でも、書かないと誰にもわからないわけで。

まだ可能性としてでてきただけで、どこまで可能性があるか詳しくはわかりません。100パーじゃないけど、0でもなく。

なので、今は古い記憶を呼び起こしながら、いつもより真面目に日本付近のいろいろなデータを見比べ中です。

場所も今回はどうも精密に特定できていません。

もし日本でないとしたら千島とかサハリンでしょう。誤差が大きそうなんです。

もしかしたら、カムチャツカの地震(1/30)がパターンの示すものかな?とも思えるんですが。

可能性としては2~3割?今のところ。

時期的には今後2か月以内かそれに近いのではないかと。ピークは直後と1か月を前後するあたりに2つの山があります。

大きさ的には、やや大きいのではないかと思っています。M6以上で上限は不明。

今回、日本付近から周辺としか場所も絞り込めていません。いや千島か日本かもまだ不明

この情報じゃ、当たっても精度が低いので、精度上げるためにしばらくの間パターンを見たいです。

なにせ、パターンと言っても、ある程度動的なんで現在のパターンから見るしかないのです。


ラベル:地震予知
posted by しゅうにゃん at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

【地震予知情報?】今回4月以降は見送り?うーん?

1月のは当たった反面、3月の予想は今のところ、はずれぽっぽですね。

あのー、地震予知ブログでは「今回は外しました」ってどこまで正直に言うのでしょうか?

あまり見た記憶がなかったり。珍しいと思います。

まだ3月は2日間残っているので可能性は0じゃない。けど、どうかな。

あの予想は1月よりは低いのかなと思っていました。

1月の予想は、かなり切迫感があって、それは日本周辺での地震の起き方を見たからなんだけど。

まあ、予想しにくいとは書いてあります。

そして、それでもわざと、予想するならと言ったうえでニュージーランド東沖とかかなりの個所書きました。まだ2日残っていますが。

予想を当たっている風にするには、こういう予想はしない方がいいんだけど、敢えて「もし書いてみたらどうなるのか?」という捨て身の戦術で書いてみました。

幾つかの予想を敢えて書いてみた結果、いろんなことがわかりました。

1.日本周辺で中規模の地震を当てた方が世界よりインパクトが強い。

2.見かけ上、当たらない見込みの予想は書かなければ精度が上がる。

3.でも、わかる情報は正直に書いた方がいいかも。


疲れています。当たって見えるときも何も言われないですからね。

それと、パターンの性質上、止まってしまった場合には、次のパターンが読めなくなります。

なので4月は今のところわからないのです。

これが重要な点で、わからない時はわからないと言えた方がいい。

そうじゃなくて、毎日ブログで「マグニチュード8来るか?」とか毎日書くとそりゃ確率下がりますよ。

ただ、1月のは前にも書いたけど、もう一度書かせてください。

予想して数日で本当に起きちゃうことがあるのですから!

余震じゃなくて、新しい場所として、あの予想は特に千島以東をも言っています。(インドとニューギニアは去年の多発地帯なので余震があるかもと)

それで複数かわからん、千島、カムチャツカ、アリューシャンと言って、

実際2度当てましたし、その可能性も書いてありました。

逆に言うと、3月のは当たっていたとしても、あれだけ範囲が広いんだからあまり意味があるともいえない。

そこで不定なんです。実際、このぐらいになったらいっそ書かない方がいいんですな。(<あとでいうな)

この状態だと4月は予知できない期間に入ります。

でも、実際には起きるかもしれない。

悩ましいところで、まだまだ100%にはできないんです。

そりゃ100%予知とか、それに近ければどこぞに売り込みたいですよー!

様子見なんです。まだパターンを読み切れていないところです。

ただ、実は過去の事例で何回か、1月のよりは当たっていた時があるんです。

具体的に何がどうかというと、指定する日にちの間隔が1か月単位ではなく、短くなったり、地震の大きさももっと絞り込める。

それを取り戻せるかどうか、まだわからないのです。

なにせ、パターン自体が少しずつ変化しますし、予知できない期間もあります。

4月は記録を取りつつ、パターンを見たいと思います。というか、それしかできない。

ラベル:地震予知
posted by しゅうにゃん at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

【地震予知】次回の予知が難しく絞りきれないですが、敢えて言うなら。

あー、昨日インドネシアでM7.9の大地震が来ちゃいましたねー。

まず、これを予知できなかったのは率直に認めます。

ただ、私の地震予知の場合、普通よりは確度高くても、絶対ではないです。

100%の地震予知はまだできないです。


それで、おそらく今後の予知が難しい時期に入りました。

というのは、2015年にニューギニアおよびそれ以東でかなり多くの地震があり、インドでも数回ありました。

そして2016年、アリューシャン、カムチャツカが来て、ニュージーランドはやや小さいけど、インドネシアに来ました。

これだけの場所から予想するとかなり広範囲になってしまいます。

そして、どうも規則性が変則的になりつつあるかもしれません。

でも、敢えて言うなら。

まず、これらインドからインドネシア・アンダマン、それとアリューシャン・カムチャツカ・千島、の地域では引き続き余震や、少し離れた兄弟地震の可能性もあります。

それを除いた上では、まず、ニュージーランドおよび、南東から北東沖にまず可能性の高い地域があります。そして、その北、トンガからニューギニアにかけての太平洋地域西側。

で、今回は外れることを祈っていいますが、日本にも弱い示唆がでていますね。でも、実はちょっと絞りきれないです。今のところ。

日本だけじゃなく台湾沖縄からずっと北東にかけて、北海道や千島まで、という感じで絞りきれない。

どうしてかというと、それに対応する昨年の西太平洋の地震の回数と場所が多すぎるんです。

で、その対応する元の地震のうち、赤道地域の地震については既に過去のものとなりつつあるかどうかのきわどさです。

ただ、今回は絞れないのを承知で、正直に多すぎるんだけど、可能性はないわけではないが不定というのを伝えておきます。

今回敢えて言うなら、ニュージーランドまたは沖からトンガ、サモア、ニューギニアまでの南西から西の太平洋あたりが一番、可能性高くて、西太平洋から南西太平洋。それとアリューシャン・カムチャツカ・千島、そしてインドからインドネシアにかけて。予測はM6.5〜M8、3月と言っておきます。

日本の示唆は少しだけでていますが、こちらはもうちょっと検討しないと、場所も大きさも絞りきれないです。なければないでいいんだけど大きいの来たらいやだなあ。

前回、3.11と似ているかどうか?で言うと似ていないのですが、ちょっと違うのならあり得ます。が、それもどうかわからない。どうしてかというと、インドネシアで起きたことによりパターンが少し変わっちゃっているのですよ。

今回はうーん?ってな感じなんです。難しいんです。

※追記(3/3 午前10時ころ)中南米の太平洋岸にも示唆がでていたのを失念していましたので付け加えておきます。
ラベル:地震 地震予知
posted by しゅうにゃん at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

【類似?】ニュージーランドの地震の後に東北で?いや起きないんじゃないかな?

2011年2月にニュージーランドでM6クラスの地震が起きて、そのあと、東日本大震災が起きました。

実は2016年も2月にニュージーランドで地震が起きていて、「あの時と同じだ」という印象をもたれる方もいらっしゃるようなんです。

でも、私だったら、東北でM9クラス大震災という可能性は、窓から投げ捨てます。

理由としては、あの時と状況が違うからです。

2011年には南西からじわじわと中規模・大規模の地震が迫ってきていました。

そして一番違うのがGPSによる地殻変動です。

2011年には東北の静止が起きていました。

かなり緊張度が高くて、東北一帯がピーンと張りつめたように動かなくなっていました。

今回、気になって東北のGPS傾向を見てみましたが、2016年はかなりあの時とは違うようです。

宮城付近で東への移動が顕著で、それにつられて、南北の地域もそれぞれ移動。

まあ、僕も傾向で予知していますので、揺れ戻しで東北とか大きな余震という可能性も完全否定はできないものの、実際は小さいんじゃないかと思います。あったとしても、もっと離れた場所じゃないかと思っています。

もし小さな余震とはいっても、揺れ方が派手で震度が3以上なら、ああ、あの時を思い出したと言う方はいらっしゃるだろうけど、可能性としてエネルギー的にはかなり小さいのだと思ってください。

あの時と今では起き方の飛び方もかなり違います。あの時よりも今は地震が次に起きるまでの間隔はかなり短いんじゃないかと思います。法則とか傾向自体がちょっと違います。

日本付近で、たとえば関東なんかではこの間も地震がありましたので、活発ではあるのですが。

要するに、あれです。東北の地震は千年間の圧力の積分の結果、歪が蓄積されていて、GPSでその傾向を読み取れる可能性があった。

でも、今回は既に2011年に大地震が起きて歪は解放されていて、GPSでも傾向は違うと。

解放されすぎて、反動というのは可能性は少しありますが、東北沖で3.11のM9地震は起きないんじゃないかと考えています。

むしろカムチャツカからアリューシャン(<すでに起きています)で再度とか、インドあたりの去年からの起き方が不気味です。あと、この起き方だとアメリカかなと言い切れるかどうかは微妙な線です。ほかはまだ、うーむ、まだつかめない感じもしますが。



ラベル:地震予知
posted by しゅうにゃん at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

【地震予知情報】とりあえず、考えてみました

最近、世界地図の白地図づくりをしていました。そこに2015年に起きた大きな地震の震源を落としていって、最近の傾向とか見ていました。法則の研究、説明するのはもうちょっと待って。

それ以前の話ですが、1月初めにインド東部のM6クラスの地震があって、最近のトレンドから北海道周辺が予想はされたんだけど、大きさがM7よりは小さいんで無視していました。すいませんですハイ。

2015年ころのトレンドで、まだ続いているかどうか微妙なんだけど、同じ場所で似たような大きさの地震が続くというのがあります。実際、2016年に入っても先日の北海道浦河沖の地震もその前に、青森東方沖が起きて、そのあと根室沖でも中規模の地震発生。

これが2015年には世界的に起きていて、むしろ、もっと多いのがニューギニアからニューブリテン島周辺の赤道あたりの西太平洋で活発。そしてインドのヒマラヤ周辺が活発。

なにせ、2015年の大地震では西太平洋でM7クラスの地震だけでも2015年に8回くらい起きているはず。インド周辺は5回程度。偏った分布になっている。

この傾向と、法則から予想すると、北海道よりは東部、千島、サハリン、カムチャツカ、アリューシャン方面で起きる可能性が高そう。その次はインド、ヒマラヤ周辺。そして赤道西太平洋〜ニューギニア。(要するに、この3角形の地域の頂点部分か、その北東部で地震が起きそうだといいたい)ダークホースは中南米。

大きさはM6.5〜M8くらいか。ちょっと絞れない。時期は1月下旬〜2月くらいを予想。

まだ、確度の自信が低くて、傾向を見たりしなきゃいけないんだけど。その実、以前はくよくよしているうちに、何回も書かずに大地震の予知を的中させたことがあって、その反省もあって今回はUPしてみました。

とにかく、いつも外すんじゃないかとビクビクしながら、なぜか当たるというのを数えきれないほどやってきたんでたまにUP。

まず、千島周辺に一つ、予想していて、それと北東の方かなと。今回の場合、1回か複数かもわからない。

既に北海道でM6クラス起きているので、もう起きないんじゃないかという説も捨てがたいんだけど、敢えて千島以東を。ただ、千島以東ではもうちょっと先が見通せない…。

しばらく様子観です。

ラベル:地震予知
posted by しゅうにゃん at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

【地震】地震予知情報2015・5・14

ああ!また地震予知しそこなった!

ネパール(M7.9 4月25日・とM7.4 5月12日)とニューギニア付近(M7.1 5月1日・M7.5 5月5日・M7.2 5月7日)と立て続けに大地震がありました。

日本でも5月13日に宮城県沖でM6.8と割と大きな地震が起きています。

実は日本の地震は予知できる可能性がありました。

ここ数年見ていると、地震の傾向として主にアジアでなんですが、地球上に大きな正三角形を描いているような震源の位置関係が多いのです。

正三角形と言っても少しずれはありますが。

そして、大きな地震が一度起きると、1か月くらいで立て続けに起きます。

このことから言えたのは、日本の関東以北、千島、ロシア・カムチャツカ方面で大きな地震が起きる可能性があるということ。

宮城沖はギリギリその中に入ります。

あと、今の段階で気になっているのは、同じような場所で何度も地震が起きている傾向があることです。

だからまた日本とか千島沖とかカムチャツカで地震があるかもしれません。時期は5月でしょうか。

ただ、最初の大地震からもうすぐ1か月なんで、そろそろ傾向も下火になってくる時期には入っているんですよね。

あと沖縄から台湾沖でまたあるんでしょうかね?うーむ。




ラベル:地震予知 地震
posted by しゅうにゃん at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする