2017年10月26日

アイデアを生み出すには数撃つのも必要

よくエジソンが例示されますな。

白熱電球に使うフィラメントを探し出すのにものすごくいろんなものを試したと。

アイデアを生み出すのに確率的に少ないのだから、

たくさん試すのには実は意義があります。

そりゃそうでしょう。

だから、課題があることがアイデアを生み出すのに役立つ(確率が上がる)

さらに自分の手に負える範囲で数を増やせば自ずから成功の期待値はあがります。

ただし、他の人がやらなそうなこと、とか

誰もが見落としているようなことを発見できればグッドです。

逆に言うと失敗も成功の母というのも、

数を増やせば失敗も増えるのは当然の真理です。

私は美味しいものを生み出すために失敗もしていて、

鰹節ソーダなんていうのもその一つです。(ググれば出てくる)

別の意味で、これは笑いが取れそうなんですけどね。

ただ、失敗を増やす中で

なるべく失敗を少なくしたいというのも事実で、

たとえば、私は実家が食堂なので、

それなり味の基本を押さえたり、学問とは言わないまでも

いろいろ知っていて、

さらに料理をした場合の味の計算を作らなくても頭の中でできたりする、

そういうのが下地にあるので、あれ?これいけそうじゃん!

みたいなのも考えてわかるし、かなり高速でいろいろ試せる。

豚しゃぶをそばつゆにつけると旨いというアイデアは、

はじめは頭の中で考えたと言うのもそういうことです。

で、確率を上げて実験数を上げればまあ、期待値は上がる。

そしてそれも人のやりそうでやらないことをやれ、と。

あと、要するに、他人より進んでやるために、

あらかじめ、幅広い知識を体系的に学んでおくのも必要なんです。

実は、ここのところが現代人っておろそか…な人もいる。

真面目に勉強したりする意義がこの辺にあるんだけどな。

あ、そうそう、たぶん私の父の味の基本は、

魯山人系の料理人だと思いますし、

確か生前、数度だけ、そんなことを言っていたような気もしますな。

なにせ、美味しんぼに出てくるネタのうち

和食ネタは美味しんぼより先に父から教わったことが多少…よりは多くあったりします。

閑話休題

えーと確率を上げて、実験数を増やし、さらに高速化する。

その辺はまたかけたら書きたいけど、

…なんか報われないんだよね。

posted by しゅうにゃん at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発想の技法

ちょっと今日は不完全な形になると思うけど、

何か考え出す方法みたいなの。

…まだ全部は教えてやんない。

でも、少し書く。


人間が物を考えるのってブラックボックスみたいなもので、

なぜこう考えるのかって突き詰めて考えるよりは慣れろってね。

まあ英語の学習みたいなたとえですいませんが。

発想の場合も似たところがあるんですが、

そうでもないか。

まず、問題があるところ、違和感のあるところに

新たなアイデアのヒントはありますな。

豚しゃぶのそばつゆ仕立てで考えると、

あれの下敷きになる課題があって、

「豚肉は美味しいのだが、醤油で煮込むと味が濁る」

というのをどうにかできないか?と

考えていたのです、長年。

で、味が濁らない方法ってのは思い浮かばなかったんですが、

ひょんなことから、そばつゆのすごさというのを知り、

そばつゆに豚肉つければうまいんじゃないのか?

と考えて(私は味の計算が頭でできます)

やってみて、実際に調理したところ、豚肉のしゃぶしゃぶをそばつゆにつけると

凄い美味しかったというのを発見したのです。

この過程の話はまたいずれ。

つまり、「これは課題がある」というものや、

「もうちょっとでよくなりそうだ」

みたいなの念頭に置いておくと課題が解決するアイデアのヒントになるんです。

ならない場合もあるけど。

むろん、試行錯誤とかあがくの必要なんだけど、それ以前の段階として。

たとえば、フェアトレードという考えも「南北問題」という課題に対する、

ささやかな答えの一つだったりします。

だから、問題をいい角度でとらえるっていうのは、

課題解決にとって重要なステップなのだと思います。

そのためには、汎用性のある課題認識、というのが重要です。

確かに、自由に発想して何かを生み出すようなものもあるのですが、

意識的、あるいは戦術戦略的に何かはわからないが、何かを生み出すのには、

課題認識、自体が非常に重要なのです。

アイデアを生み出す可能性は何倍にもなりますね。

ほかにもたくさん、発想のための重要なことはあるけど、

頭の中で自動化処理になっていて文章に起こすのめんどい。

まあ、課題認識に関しては、既に、先人が言っていると思うんだけど、

例示してみれば、そうかもしれないと再認識できるはず。

私の経験則からいうと、課題認識は重要です。
posted by しゅうにゃん at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする