2016年12月05日

【地震予知法】事前に前兆現象をとらえること

最近の何回かの地震で、予知をまあ外しているわけですが、どうしたら予知できるかを考えていました。

これはここ7年くらいの予知をしてきた、エッセンスなわけですが。


私は、16年くらい前から地震の予知ができないかと、地震の震源マップを繰り返し見てきました。

そしておそらく、幾つかの地震の前兆ではないかと思われる現象を見出しました。


1.北東−南西方向に走る直線状の地震列。(2007年能登半島沖、2016年鳥取)

2.続いている群発地震が突然減少する。(2007年新潟中越沖、2016年福島県沖)

3.GPSデータの移動数値が数か月から1年、広域で極端に低下する。(2011年東日本大震災=東北太平洋地震)

4.GPSデータでのベクトルの異常(2016年熊本)


このほかにも、世界での大地震の起き方からパターンを読むなどの方法も使えることもあります。

あとは地震の飛び方というのを見つける方法ですか。これはまた後日に。


フィードバックというのとは少し違いますが、前兆→地震の流れを観てきて、こういう現象が前兆ではないかと思えたものです。

1と2と4については数か月以内、3は1年程度くらいのタイムスパンのようです。

だから、私が日本を見て現在行ってる地震予知は、パターンから見てこうした前兆を見つけることです。

地震は毎日のように起きますが、これを数日から30日程度のスパンで区切って、傾向を観ています。

だから、2016年8月から9月頃に、あれ?福島沖で地震が減っている、と気付いたわけです。

地震予知できなかったので説得力が低下していますけど…。

逆に言うと、普段はいつも通りかどうか、チェックしているわけです。


実際はこれだけではなくて、大きな地震になるといくつかの前兆があるようです。

たとえば東日本大震災の時は他の前兆として、大きな地震の震源が能登から中越沖、宮城岩手県境と近づいていたり、

前震があったり、外国の地震とのパターン対応があったりしました。


今年あった国内の大きな地震のうち、熊本、鳥取、福島県沖では上にあげたような現象が一応ありました。


正確な月日と大きさ、場所が分かればいいんですが、確実とまで言える自信はありません。

前兆現象からの日数は、おおよそ1か月〜2か月のことが多いです。

しかし、地震や前兆現象との対応関係によっては、おおよその月日が出る場合もあります。

その場合、おそらくこの程度の日数をあけて地震が起きると言う期間は、その年が何年かに大きく依存しているのではないかと疑っています。

(昔はもっと日にちがあいていたのに、最近は前兆から発生までの期間が短い気がしています。)

もうちょっと当たれば説得力も増すんですけどねー。(苦笑)






posted by しゅうにゃん at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

【地震予知】福島と鳥取の前兆かもしれない現象

最近起きた大きな地震は鳥取と福島で起きました。

ざっくりとではありますが、地震を少しずつ見てきました。

前兆と言えるかどうか、断定までできませんが、今思うとそうかもしれないと考える現象もありました。


それは福島の場合は8月から9月にかけて、福島県沖の地震が少し減ったのです。

東北太平洋地震以来、太平洋側の東北から北関東あたりはベルト状の地震の巣だったわけです。

それが、8月あたりから福島のあたりで少し途切れる感じがありました。


一方、鳥取の方は、逆に増えていました。

日本海側に、熊本から鳥取、石川、佐渡、秋田と飛び飛びに地震が直列していました。

このうち、どの地震が大きくなるかは、予測したとしても難しいのではありますが。


さて、これが地震の予兆だとして。

お気づきかもしれませんが、これは反対の現象です。

福島は減り、鳥取は増える。

実際、これらの現象をみても、地震が予知すると即断するのは難しかったわけです。

より小規模な増加や減少は日本各地で見られます。

だから、それだけで判断材料とするには、さらに何かがあればいいわけです。

ただ、それが何なのか、まだ私も気付いていません。

今回の場合は、実をいうと、GPSでも震源パターンでも、日本各地に予想できてしまっていました。

予想が広範囲なんですね。

それを絞り込もうとして、えいやっ!っと決めたのが悪く出ました。

もう少し、冷静に判断材料を観て、新たな材料を探すべきでした。

今後は気を付けたいと教訓とするとともに、また地震を見続けます。

だから、冷静に判断できるようになればいいなと思います。
posted by しゅうにゃん at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震予知情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする